新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 シルフィ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

日産 シルフィ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/18)

日産 シルフィ|ニューモデル試乗

堂々としたエクステリアと内装に表されるように、並々ならぬデザインへの熱意。上級車種とのヒエラルキーを感じさせない日産デザインのマテリアルへのこだわりに驚かされる

堂々とした大人なエクステリア。はたして走りは?

堂々としたエクステリアとこだわりの内装に注目

昨年12月5日から発売されている日産シルフィ。日産のセダンラインナップでは、末っ子ラティオのひとつ上の兄貴分にあたる位置づけだ。

デザインへのこだわりには並々ならぬものがある。実車はカタログで見る以上に堂々とした印象だ。抑揚のあるサイドビューに、上級車種とのヒエラルキーを感じさせないような努力が表れている。全高を低く保ち、トレッド(左右輪の間隔)を広げ、ホイールベースに関しては2700mmある。これは1クラス上(ミディアムクラス)のスペックである。

内装の質感もとても良い。最近の日産デザインはマテリアルへのこだわりに驚かされる。例えばダッシュパネル。柔らかい素材を使うのではなく、触れた瞬間に柔らかさを感じさせる素材を使うというこだわり様だ。

大人な外観とは裏腹に乗り心地は癒し系に非ず

最上級グレードのGに試乗した。エンジンはロングストローク化した新開発1.8L。それにCVTが組み合わせられる。これは全グレード共通だ。柔らかそうなシートは、意外と固めで沈み込みが少ない。

エンジンを始動する。振動や静粛性はごく普通の1.8Lのユニットという印象。アクセルに足をのせる。すると最近の燃費重視エンジンにありがちな薄いトルクとは逆に、ビックリするほど出足が鋭い。静々と発進するのが難しいくらいだ。だがエンジンやCVTを低燃費に制御するECOモードでは普通な乗り味で、シルフィというキャラクターにはとても合う。乗り心地も見た目の“癒し系”なキャラクターとは裏腹にいささかハードだ。風切り音も大きい。弟分のラティオの方が、乗り心地は癒し系だ。

内外装ともにとても良質な印象で大きくなくても高級を感じとれる装いだっただけに走りに違和感がある。見た目の印象を“走り”にも投影させる難しさを改めて感じた1台である。

どっしりとした重厚感があるリアのデザイン。サイドビュー同様、上級モデルに引けを取らないポイント

どっしりとした重厚感があるリアのデザイン。サイドビュー同様、上級モデルに引けを取らないポイント

インテリアは華美な方向ではなく落ち着きのある雰囲気。シートはフェザーグレー(写真)とブラックの2タイプ

インテリアは華美ではなく落ち着きのある雰囲気。シートはフェザーグレー(写真)とブラックの2タイプ

従来のブルーバードシルフィでは1.5Lと2Lのエンジンを搭載していたが、新型は1.8Lのみとなる

従来のブルーバードシルフィでは1.5Lと2Lのエンジンを搭載していたが、新型は1.8Lのみとなる

容量たっぷりのトランクには長尺物を積むのに便利なリアアームレストスルーが付く

容量たっぷりのトランクには長尺物を積むのに便利なリアアームレストスルーが付く

SPECIFICATIONS
グレードSXG
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4615×1760×1495
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)12301240
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1798
最高出力[kW(ps)rpm]96(131)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]174(17.7)/3600
JC08モード燃費(km/L)15.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/52
車両本体価格(万円)193.725209.475238.98
Tester/松本英雄 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027