新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 208 (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 208 (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/20)

プジョ ー208|ニューモデル試乗

小さいけれどよく走り、しかもどこか小粋で…というフレンチコンパクトの王道に回帰した208は、ベタですが街をしなやかに楽しむ生活もファッションもおしゃれな人に注目してほしいな。美しい中間色のボディカラーで、街を素敵に彩っていただきたい!

期待のフレンチテイストが戻ってきた!

カジュアル感が魅力のAllure

サイズは小さいのにキラキラと輝くような存在感。中間色のキレイなボディカラーが似合う、コドモっぽくないオシャレっぷりが眩しい。206の再来というとベタだけど、でもやっぱり、そんな感じが漂う。

インテリアもドキッとさせる。ステアリングの径が極端に小さく、メーター類はその上から見るかたちなのだが、これが意外なほど新しい感覚なのだ。

でも運転しにくいんじゃ…?という懸念は杞憂に終わって、走りには全然違和感はない。高速道路でも不安なく、けれどとてもクイックな感覚で操れる。特に軽快で楽しかったのが、1.2L 3気筒エンジンを積むAllure。エンジンは想像よりスムーズだし力も十分。都内では「これ以上いらないんじゃないの? 」なんて思わせるカジュアル感が、とても魅力的に映った。ま、MTしかないんだけどね。

しっとりした乗り味、“207の進化板”Cielo

1.4Lエンジンを積む上級版のCieloは、打って変わってしっとりした乗り味なのにビックリ。車重が100kg以上も増えているせいだろうか。207の進化版だと捉えるならば、味わいとしてはこちらのほうがそれっぽいかもしれない。

走りにも余裕が増している。けれど、やはり4速ATはね…。足りなくはないけど、フィーリングの面で、そして燃費の面でも厳しいのは事実。噂によれば、将来的には良い方向に改善の兆しもありやなしや? ということらしいけれど、とりわけ狙いの女性ユーザーに、この燃費ではアピールしづらいのでは?

そう、グレードにしてもメカニズムにしても、これから208、どんどん充実させていくという。その意味では今買いたい人は今買ってもヨシ、待てる人はもう少し待ってもヨシだ。でも、激しい戦いのこのセグメントで目をひくには、200万円切りの2ペダルモデルは、やっぱりすぐにでも欲しいかな!

ブランドデザインのクロームを用いたフローティンググリルを採用。LEDポジションランプも備わった

ブランドデザインのクロームを用いたフローティンググリルを採用。LEDポジションランプも備わった

旧型の207とホイールベースを同じとしながらも、全長85mm/全幅10mm小さくなっている

旧型の207とホイールベースを同じとしながらも、全長85mm/全幅10mm小さくなっている

ラゲージ容量は207より15L広い285Lとされ、リアシートをたためば最大1076Lまで拡大

ラゲージ容量は207より15L広い285Lとされ、リアシートをたためば最大1076Lまで拡大

SPECIFICATIONS
グレードAllure
駆動方式FF
トランスミッション5MT
全長×全幅×全高(mm)3960×1740×1470
ホイールベース(mm)2540
車両重量(kg)1070
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)1199
最高出力[ps/rpm]82/5750
最大トルク[N・m/rpm]118/2750
車両本体価格(万円)199
Tester/島下泰久 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【新型】三菱 eKワゴン|使いやすさを追求したベーシック軽(2019/09/22)
【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス(2019/09/20)
【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!(2019/09/19)
【新型】トヨタ RAV4|アメリカで大人気のSUVが2年8ヵ月ぶりに日本凱旋(2019/09/17)
【新型】トヨタ スープラ|17年ぶりに復活したトヨタのピュアスポーツモデル(2019/09/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027