新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 523d ブルーパフォーマンス (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW 523d ブルーパフォーマンス (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/22)

BMW 523d ブルーパフォーマンス|ニューモデル試乗

こんなワゴンが欲しいという要素をすべて備える上に、しかもそれがBMWだという意外性、美しいスタイリングが醸す伊達っぷりまで備えているのだから、これは我儘度、高いでしょう? もうちょっとだけトンガッていてもいいけど…なんてのは、多分難クセ

意外にも? 癒しの乗り味をもつBMW!

ディーゼルラインナップが瞬く間に充実

2012年の1年間で「BluePerformance」と名付けられたディーゼルエンジン搭載車のラインナップを瞬く間に充実させたBMW。もはやBMWとディーゼルの組み合わせに違和感を覚える人、だいぶ少なくなっているのではないだろうか。

その中の1台、523d BleuPerformance(以下523d)の心臓は最高出力184ps、最大トルク380Nmを発生する直列4気筒2L直噴ディーゼルターボ。320dと同じエンジンなのに車名が523dとなるのは、まあビジネス上の都合というやつだろう。

けれど実際に乗ってみれば、そんなこと、どうでもよくなるに違いない。

ワゴンに求める要素のすべてが揃っている

何しろ低回転域から力強いトルクを発生するから、加速は発進の瞬間からパワフルそのもの。その特性に合わせて8速ATは最終減速比が高くなっているから、高速巡航中などは回転数が低く抑えられ、ガソリン車よりかえって静かだったりする。この辺りは320dなどとも一緒なのだが、523dが他モデルと異なるのは、特にアイドリング付近では皆無とは言えないガラガラとした騒音、ステアリングにも伝わる振動が、ほぼ完璧に抑え込まれているということ。きわめて静かに、滑らかに分厚いトルクを発生するおかげで、至極上質な加速感を得ているのである。

しかも523dは乗り味もとても優しいタッチ。しなやかな足さばきが、上々の快適性をもたらしている。およそBMWらしからぬこの感触は、誤解を恐れずに言えば、W124型のメルセデス・ベンツEクラス辺りを想起してしまうほど。もちろんステアリングを切れば、しっかりBMWなのにもかかわらずである。

ゆったりとした快適な乗り味、大容量、燃費の良さなど、ここにはワゴンに求める要素のすべてが揃っていると言ってもいい。次の機会にはぜひ長距離を行きたい。短い試乗の後、そんな気にさせられた1台だ。

エクステリアは他グレードと同様に。Mスポーツパッケージ(49万円)なども選択可能

エクステリアは他グレードと同様に。Mスポーツパッケージ(49万円)なども選択可能

アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムを採用、JC08モード燃費は16.6km/L

アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムを採用、JC08モード燃費は16.6km/L

10.2インチディスプレイを備えるHDDナビ、リアビューカメラなどの快適装備も充実

10.2インチディスプレイを備えるHDDナビ、リアビューカメラなどの快適装備も充実

SPECIFICATIONS
グレード523d BluePerformance
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1860×1475
ホイールベース(mm)2970
車両重量(kg)1760
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1995
最高出力[ps/rpm]184/4000
最大トルク[N・m/rpm]380/1750-2750
車両本体価格(万円)633
Tester/島下泰久 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027