新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 208 (沢村慎太郎)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 208 (沢村慎太郎)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/25)

プジョー 208|ニューモデル試乗

207よりも欠点は減ったが満点には至らないというのが総合評価。走りの上でも独自の色合いは薄い。その中で積極的に評価できるのはメーターの字体をはじめとする意匠ディテール。国産Bセグの幼稚で安っぽい賑やかさを厭うひとに

不満以上かつ満足未満

右ハンドル仕様も許容範囲に

まず朗報を。プジョー小型車の右ハンドル仕様といえば、ステアリングとペダルに明らかなオフセットがあり、シートの設えもそれを補完できていないという、酷い運転環境がお約束だった。ところが208はそれが、かなり是正されていた。

オフセットは皆無ではないが許容範囲で、ステアリングは正しく握ることができる。シートも往年のような逸品ではないが、これと指摘できるような不始末はない。これまでのように、走り以前のところでお勧めできる基準をクリアできないという状態ではなくなったのだ。

ターボ+6MT仕様が吉

そして走りのほうの評価でも大きな瑕疵はない。切ったら軽々と身を翻す往年のニュートラルステアではなく、粘るリアを舵角で曲げていく傾向のシャシーで、アシ運びも精緻さに欠けるが、及第点は与えられる。ただしタッチが甘くリニアリティに欠けるブレーキは減点材料。

エンジンは1.2L直列3気筒の導入が話題である。この直3は振動も昔の直4くらいに抑えられていて、MTで走らせるぶんには馬力トルク特性そのものに不足はない。ところがエンジン制御が雑で、発進時の極低回転で粘らずストールしやすいという難点を持つ。また2速3速がハイギアードという欧州向きの設定ゆえ60km/hあたりまでの加速がもどかしい。日本の道路環境では使いにくいところが目立つのである。

一方1.6Lは実績もあるユニットであり、それを裏切らない仕事ぶりを見せるが、4速ATがその魅力を目減りさせている。以前よりも改善はされているのだが、それでも馬力をロスしている感覚が目立つのだ。

ターボ+6MT仕様が吉か。

3ドアのAllure(1.2L×5MT)とGT(1.6Lターボ×6MT)、5ドアのPremiumとCielo(1.6L×4AT)をラインナップ

3ドアのAllure(1.2L×5MT)とGT(1.6Lターボ×6MT)、5ドアのPremiumとCielo(1.6L×4AT)をラインナップ

楕円形の小径ステアリングとその上から見られるメーター類は、視線移動が小さいなど視認性も高められた

楕円形の小径ステアリングとその上から見られるメーター類は、視線移動が小さいなど視認性も高められた

上級モデルのCieloにはファブリック/レザーのコンビシートを採用。インテリアはブラックを基調とする

上級モデルのCieloにはファブリック/レザーのコンビシートを採用。インテリアはブラックを基調とする

SPECIFICATIONS
グレードAllure
駆動方式FF
トランスミッション5MT
全長×全幅×全高(mm)3960×1740×1470
ホイールベース(mm)2540
車両重量(kg)1070
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)1199
最高出力[ps/rpm]82/5750
最大トルク[N・m/rpm]118/2750
車両本体価格(万円)199
Tester/沢村慎太郎 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027