新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 523d ブルーパフォーマンス (菊谷聡)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW 523d ブルーパフォーマンス (菊谷聡)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/27)

BMW 523d ブルーパフォーマンス|ニューモデル試乗

523dに搭載されるエンジンは320dと同じN47D20C型。最高出力、最大トルクといったスペックも共通。JC08モード燃費ではセダン、ツーリングともに16.6km/lという好数値を誇る。移動のほとんどが車で、数百kmの高速移動もこなす人に強くオススメしたい

ディーゼルでも「エンジンのBMW」を感じさせる

欲しい車の条件でたどり着く1台

欲しいな、と思う新車が3台ある。そのなかの1台がBMW523dツーリングだ。

大型犬を飼い始めてからステーションワゴンを乗り継いできたが、選ぶ基準は「大型犬用のケージが積めるラゲージルームをもち、長距離を一気に走っても疲れにくく、運動神経のよさそうなオーラを放っていること」だった。過去形を用いたのは、その条件に「低燃費」と「コストパフォーマンスの高さ」が加わったからだ。そんな観点で取捨選択をしていくと、523dツーリングにたどり着く。

523dに搭載されるエンジンは320dと同じN47D20C型。最高出力、最大トルクといったスペックも共通。JC08モード燃費ではセダン、ツーリングともに16.6km/lという好数値を誇る。

走って楽しい「さすがBMW」

実際に走らせてみると、「さすがBMW」とうならされる。単にトルクフルとか燃費がいいとかいう評価だけではなく、アクセル操作に呼応する様子や吹け上がりに伴うサウンドなど、まさにBMWがこだわり抜いてきたエンジンの性質をもっているのだ。走っていてじつに楽しい。320dよりも200kg以上重いのだが(セダン比)、それを感じさせない軽快感がある。

とどめはお買い得プライス。セダンは633万円。ツーリングは663万円。ActiveHybrid5(850万円)と比べたら笑われるかもしれないが、燃費データでは523dが大きく上回り、かつ車両本体価格では200万円以上もリーズナブル。ガソリンエンジンを搭載する523iとの価格差もごくわずかとなれば、523dがいかに戦略的な価格設定であるかがうかがえる。

唯一気になるのは、やはりエンジン音。上質なコックピットでは、精密な機械を感じさせる振動のない静かな空間を期待してしまう。走り出すまでの一瞬とはいえ、カラカラ音が聞こえると、生活臭にも似た感覚がよぎる。

粒子状物質を吸着/燃焼除去するDPFや、NOxを水/窒素/二酸化炭素に還元排出する排ガス処理技術を備える

粒子状物質を吸着/燃焼除去するDPFや、NOxを水/窒素/二酸化炭素に還元排出する排ガス処理技術を備える

回転数に応じて過給圧を最適化する可変ジオメトリーターボを備える直噴ディーゼルを搭載

回転数に応じて過給圧を最適化する可変ジオメトリーターボを備える直噴ディーゼルを搭載

シート表皮は標準ではファブリック。オプションで上級モデル標準のダゴダレザーを用意する

シート表皮は標準ではファブリック。オプションで上級モデル標準のダゴダレザーを用意する

SPECIFICATIONS
グレード523d BluePerformance
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1860×1475
ホイールベース(mm)2970
車両重量(kg)1760
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1995
最高出力[ps/rpm]184/4000
最大トルク[N・m/rpm]380/1750-2750
車両本体価格(万円)633
Tester/菊谷聡 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027