新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧クライスラー 300 (堀江史朗)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

クライスラー 300 (堀江史朗)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/28)

クライスラー 300|ニューモデル試乗

アメリカ製であるとか全長が5mを超えているとか、基本的には、こういう車を好きな人が買う車だが、これ1台でファミリーでもデートでも使えてこの価格は安い

アメリカン コンテンポラリーアートって感じ

洗練されたインテリアに驚かされる

旧型300Cのアクの強いフロントマスクが気に入って、6.1L V8のSRT8を購入したのは5年ほど前。新型はだいぶおとなしい顔付きになったなぁと思いながら乗り込むと、洗練されたインテリアに驚かされた。

近頃アメリカ車のインパネデザインは挑戦的だ。この300もLEDバックライトで浮かび上がるように見えるメーターパネルや、EVICと呼ばれるセンターモニターの収まり具合などから、新しさがビシビシと伝わってくる。また快適装備の充実ぶりは今や国産車以上。たとえばヒーター・クーラー付きカップホルダーなんて、まぁ本当にどうでもいい装備にも妙に心が惹かれてしまう。

そして大事なのは質感の改善。旧型までのプラスチッキーな印象は払しょくされ、だいぶ高級車らしくなってきた。シートやアームレストはナッパレザー、インパネやセンターコンソール、ドア上部はイタリア製ポルトローナ・フラウ社の革張りというからブランド好きにはたまらない。

明るい内装のせいで広く感じるのかと思ったが、実際にも十分に広い。180cmクラスがタンデムに座っても文句が出ないほど足元には余裕たっぷりだ。普通の2倍くらいある大きなサンルーフが効果的。オープンにすれば別世界が手に入る。

これならカミさんを説得できる

で、走りはどうか? 3.6L V6だが、これがかなりイイ。

アクセルを踏めば十二分のパワーがあふれ出るが、それよりも60km/hを1000回転くらいでスルスル走る感覚が心地よい。

ZF製8速ATとの相性の良さが効いている感じだ。20インチでも乗り心地は硬すぎない。安全装備もたっぷり。これならカミさんを説得できる。

水平ラインを強調した伝統的エクステリア。旧型より全長60mm、全幅15mm大きく、全高は5mm低い

水平ラインを強調した伝統的エクステリア。旧型より全長60mm、全幅15mm大きく、全高は5mm低い

バイ・ワイヤー式のZF製8ATを搭載。ラグジュアリーにはパドルシフトも備わっている

バイ・ワイヤー式のZF製8ATを搭載。ラグジュアリーにはパドルシフトも備わっている

可変バルブタイミング機構付きV6エンジンは従来の3.5Lと比べ15%パワーアップしつつ燃費を10%以上向上

可変バルブタイミング機構付きV6エンジンは従来の3.5Lと比べ15%パワーアップしつつ燃費を10%以上向上

SPECIFICATIONS
グレード300C LUXURY
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)5070×1905×1495
ホイールベース(mm)3050
車両重量(kg)1900
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3604
最高出力[ps/rpm]286/6350
最大トルク[N・m/rpm]340/4650
車両本体価格(万円)538
Tester/堀江史朗 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た(2017/12/08)
新型リーフは先代に比べて良くなったし、航続距離もそこそこ延びた。しかし、アームレストは微妙だ(2017/12/02)
マイチェンで安心感がアップ。スズキ SX4 S-CROSSは乗れば乗るほど味が出る車である(2017/11/25)
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う(2017/11/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027