新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン C5 (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

シトロエン C5 (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/03/04)

シトロエン C5|ニューモデル試乗

世の車が続々とスポーティ傾向を強めていくなか、乗るだけでヒーリング効果が得られるC5の存在は貴重。毎日を忙しく過ごすアナタにこそお勧めです

だって「ハイドラ」はこれだけなんですよ!

「乗り手を優しく迎え入れる」シトロエン

いきなり私事で恐縮ですが、初期型のシトロエン C5ツアラーに2年ほど乗っていました。3L V6エンジンを積むエクスクルーシブというグレードです。当時も仕事でいろいろな車に試乗していましたが、どんな車に乗った後でも、C5の運転席に腰掛けた瞬間、それまでの緊張がほどけて、フーッとためいきが出たものです。

もちろん、それは乗り慣れた車に戻ってきた安堵の気持ちもあったのでしょうが、「乗り手を優しく迎え入れる」シトロエン独自の世界が、私をほっとさせてくれたのだと思います。

ファンにはたまらない1台

で、ドライバーにそう思わせる秘密がどこにあったかというと、インテリアの雰囲気もそうなんですが、油圧と窒素ガスの力でボディを支えるハイドラクティブ・サスペンションの働きが大きかったと思います。

実は「ハイドラ」並みに柔らかいアシを金属バネで作ると簡単にボトミングしてまともに走れなくなると、C5を科学的に分析したあるレーシングチームのエンジニアから聞いたことがあります。だから、あの乗り心地は「ハイドラ」じゃないと実現できないのです。

そんなC5が1.6L直噴ターボに一本化されたのは、昨年のマイナーチェンジでのこと。これで排気量は従来のおよそ半分になり、最大トルクはいくぶん小さくなりましたが、最大トルク発生回転数も下がったのでドライバビリティはむしろ向上。

アイドリング時の微振動は少し気になりますが、現在日本で買える「ハイドロ・シトロエン」はC5だけなので、ファンにはたまらない1台といえるでしょう。

エントリーグレードのセダクションには新デザインの17インチアロイホールを装着

エントリーグレードのセダクションには新デザインの17インチアロイホールを装着

フロントグリルやホイール、トランクなどに新デザインとなったダブルシェブロンが備わる

フロントグリルやホイール、トランクなどに新デザインとなったダブルシェブロンが備わる

個性的なセンターフィックスステアリングの中央に配されたロゴも新しくなっている

個性的なセンターフィックスステアリングの中央に配されたロゴも新しくなっている

SPECIFICATIONS
グレードTourer Exclusive
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4845×1860×1490
ホイールベース(mm)2815
車両重量(kg)1680
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]156/6000
最大トルク[N・m/rpm]240/1400-3500
車両本体価格(万円)469
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027