新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク (内藤毅)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク (内藤毅)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/03/15)

メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレーク|ニューモデル試乗

商品企画としては鉄板。自動車を1台しか持てない都会で、車格にも実用性にも妥協したくないというニーズを高度に満たすだろう。ただ、シューティングブレークというからにはCLベースで2000万円から、といった雲の上の存在であってほしかった気もする

言ったもん勝ちで乗ったもん勝ち

積極的に選びたいと思わせる肌合いの良さ

これはW124以降の歴代Eクラス各車に共通することなのだが、メルセデスのワゴンボディはセダン特有のデッドな遮蔽感を絶妙な案配に散らして、いい意味で角の取れた乗り味にチューニングしているなあと感じることが多い。このCLSシューティングブレークも例外ではなく、ワゴン化によるネガが少ないというより、むしろ積極的に選びたいと思わせる肌合いの良さが魅力だ。

騙し絵のようなサイドビューに気圧されつつ後席に乗り移ると体感的なエアボリュームはEクラスのワゴンと同等以上で、リアドアの「三角窓」の部分までサッシュレスのガラスになっているから明るく見晴らしも上々。このあたりの妥協なき作り込みはさすがメルセデスである。もっとも4ドア版の、身体に合わせてくりぬいたような後席の隠れ家感も捨てがたく、これは好みの範疇ということになるだろう。

当然ながら後席では排気音が間近に聞こえるが、その抜けの良い快音は少なくともタウンスピードでは気にならず、自動車好きにとっては耳を楽しませてくれる種類のものだった。

試乗車に装備されていなかったdesignoウッドフロア(50万円)はぜひ注文したいオプションだ。「板」に50万かよという気がしないでもないが、手の込んだ象眼細工の仕上がりはさすがに素晴らしく、シューティングブレークを名乗るからにはこういう自己満足こそ大切にしたいと思う。

旬の先取り「シューティングブレーク」

物好きな金持ち向けのカスタム車、もしくは日の目を見ないコンセプトカーの常連だったシューティングブレーク。恐れ多くて誰も手を出せなかったその車型を、メルセデスは正面から取りに行った。

このモデルが成功すれば、量産車の分野でもこの呼び名は一定のプレゼンスを発揮していくことだろう。

まさに言ったもん勝ち。そして、旬の先取りという意味では乗ったもん勝ちである。

フロントマスクはクーぺのデザインを踏襲。71個のLEDを使ったLEDハイパフォーマンスヘッドライトが特徴的

フロントマスクはクーぺのデザインを踏襲。71個のLEDを使ったLEDハイパフォーマンスヘッドライトが特徴的

550にはCLSクラスで唯一のフルタイム4WDシステムを採用。4ESPとの組み合わせで高い安定性を発揮する

550にはCLSクラスで唯一のフルタイム4WDシステムを採用。4ESPとの組み合わせで高い安定性を発揮する

後席は2:1分割可倒式で3名分のシートを備える。ラゲージ容量は550~1550L

後席は2:1分割可倒式で3名分のシートを備える。ラゲージ容量は550~1550L

SPECIFICATIONS
グレードCLS550 4MATIC BlueEFFICIENCY SHOOTING BRAKE
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4970×1880×1420
ホイールベース(mm)2875
車両重量(kg)2030
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4663
最高出力[ps/rpm]408/5000-5750
最大トルク[N・m/rpm]600/1600-4750
車両本体価格(万円)1240
Tester/内藤毅 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027