新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ プレマシー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ プレマシー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/03/21)

マツダ プレマシー|ニューモデル試乗

最上級グレード20S Lパッケージは両側電動スライドドアを標準装備。その他のグレードは手動だが、電動もオプションで選択可能

ハイライトは新技術SKYACTIV TECHNOLOGYを搭載する3グレード

低燃費を実現しながら、走り出しは鋭くキビキビ

3代目プレマシーがマイナーチェンジを受けた。ハイライトはマツダが前面に打ち出す新技術SKYACTIV TECHNOLOGYを搭載する3グレードだ。

SKYACTIV車に搭載されるエンジンは新型アテンザと同じSKYACTIV2.0Gユニットだが、圧縮比は13.0から12.0に落とされている。トランスミッションは6速ATのSKYACTIV-DRIVEとなる。昨今、6速ATは目新しくないが、エンジン特性とコストを考えれば6速で十分というのがマツダの見解だ。それは、エンジンの粘り強さに自信があるという証拠でもある。

新型アテンザよりも車重が40kg以上重いにもかかわらずプレマシーのSKYACTIV車の乗り出しはアテンザの2Lよりトルクが厚いという印象だ。

プレマシーの2Lエンジンはアテンザと比べて圧縮比が低い。圧縮比を落とせば出力、トルク、燃費にも影響が出る。しかし、このトルク感は電子スロットルの制御をうまくプレマシー用にチューニングした結果といえる。同じユニットでも車にマッチした味付けを行うのが技術者の腕の見せ所というわけだ。

乗り心地の良さは15インチタイヤに軍配

SKYACTIV以外でも注目の改良点がある。ひとつはタイヤだ。標準グレードの15インチタイヤは、新たに設計し直されている。燃費を考えてのことだが、乗り心地がプレマシーのサスペンション設定に非常にマッチしている。20S-SKYACTIV Lパッケージ は17インチだが、乗り心地、静粛性、ハンドリングともに15インチのほうがバランスが取れていてオススメだ。

もうひとつはリアのクロスフレームの改良だ。ボディのねじれ剛性を高め、ボディ剛性と快適性能をアップさせると同時に、サスペンションを狙い通りに動かす効能もある。旧世代のプラットフォームを新世代のモデルに近づけることで、従来のマイナーチェンジ以上の効果が得られている。

SKYACTIV-G2.0と呼ばれるエンジン。圧縮比を高め低燃費とパワーを両立

SKYACTIV-G2.0と呼ばれるエンジン。圧縮比を高め低燃費とパワーを両立

SKYACTIV車には専用のマルチインフォメーションディスプレイとメーターが採用される

SKYACTIV車には専用のマルチインフォメーションディスプレイとメーターが採用される

タイヤは15インチを中心に、16インチ(20S)、17インチ(20S-SKYACTIV Lパッケージ)の3タイプ

タイヤは15インチを中心に、16インチ(20S)、17インチ(20S-SKYACTIV Lパッケージ)の3タイプ

SPECIFICATIONS
グレード20CS20Sスカイアクティブ20S
駆動方式FF4WD
トランスミッション5AT6AT4AT
全長×全幅×全高(mm)4585×1750×16154585×1750×1650
ホイールベース(mm)2750
車両重量(kg)147014901580
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)199819971998
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6200111(151)/6000102(139)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]186(19.0)/4500190(19.4)/4100175(17.8)/4000
JC08モード燃費(km/L)13.016.210.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60レギュラー/55
車両本体価格(万円)179.9220.5235.2
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027