新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧テスラ モデルS (島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

テスラ モデルS (島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2013/03/21)

テスラ モデルS|ニューモデル試乗

今、通の間でコレ以上に注目される車はないだろう。車を知らない人だって、そのインテリアにはひっくり返るはず。そして乗れば、また驚きがある。しかもEVだけに先進性アピールも抜群。つまり大人が車に求めるすべてのモノを満たしているのだ!

値段も日常性も十分リアル 真剣に欲しい至極の乗り味

内外装だけで十分ソソる

ポルシェパナメーラに近いディメンションの4ドアクーペボディは奇をてらわない美しさ。上質なインテリアは、中央に鎮座する17インチのタッチパネルが目を奪う。

車両の各種情報の表示、回生ブレーキの利きや車高の調整等々、様々なセットアップもここから行うことができる。ネットには常時接続で、ナビはGoogle Mapsを使う。

EVうんぬんの前に、この内外装だけでも十分ソソるのだ。

そうは巡り合えない至極の乗り味

しかし本当にうならされるのは、その走りである。動力性能もさることながら、アクセル操作に対する加速感のリニアリティは抜群。回生ブレーキを強めにセットすれば、アクセルオフだけでほぼ停止状態にまで導けるのだが、それも含めて加減速に違和感はなく、まさに思いのままの走りを楽しめる。

シャーシ性能も素晴らしい。車重は2トン超に至るも重心がきわめて低く、当然フロントにエンジンもないだけに、フットワークは俊敏そのもの。しかもステアリングフィール、アシの動き等々あらゆる部分の質が高い。エアサスのもたらす乗り心地も絶品という具合なのである。

こんな至極の乗り味の車、歴史あるブランドでもそうは巡り合えないのに…。試乗の後、しばしぼうぜんとしてしまった。

気になる航続距離はバッテリー容量により約250km/375km/500kmから選択可能。価格はベースモデルで6万2400ドル(北米)からで、日本でも為替の動向にもよるが700万円から提供できそうとのこと。つまり価格も使い勝手も十分にリアリティがあると言っていい。

正直、思い切り魅了されてしまった。今、真剣に欲しくなっている1台なのだ。

アルミ製ボディにより軽量化が図られた。バッテリーは床下に、モーターは後輪の間に配置される

アルミ製ボディにより軽量化が図られた。バッテリーは床下に、モーターは後輪の間に配置される

地図や各種設定だけでなく、ブラウザーとしても使うことができる17インチタッチスクリーンを中央に配置

地図や各種設定だけでなく、ブラウザーとしても使うことができる17インチタッチスクリーンを中央に配置

充電用のプラグはリアコンビランプに同化するデザインとされた。充電はCHAdeMOにも対応する

充電用のプラグはリアコンビランプに同化するデザインとされた。充電はCHAdeMOにも対応する

SPECIFICATIONS
グレードMODEL S
駆動方式RR
トランスミッション1AT
全長×全幅×全高(mm)4978×1964×1435
ホイールベース(mm)2960
車両重量(kg)2106
乗車定員(人)5
エンジン種類モーター
最高出力[ps/rpm]416/5000-6700
最大トルク[N・m/rpm]600/0-5100
Tester/島下泰久 Photo/テスラモーターズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027