新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランドローバー レンジローバー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ランドローバー レンジローバー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/04/01)

ランドローバー レンジローバー|ニューモデル試乗

自分のわがままで手に入れる価値あるモデルがレンジローバーです。さりげなくクラシカルな装いで、運転ものんびりとあせらず余裕で。いずれ家族は良かったと思うに違いありません

良質に触れてきた人だけに分かるスノビズム

コンセプトを曲げずに歩んできた

40年以上も基本デザインを踏襲しコンセプトを曲げずに歩んできた自動車は少ない。スポーツカーならポルシェ 911であり、オールラウンダーの王者はレンジローバーである。タキシードを着て河と海を渡り砂漠を越えモロッコのエル・ミンザでパーティも可能。こんな車はレンジローバーしかない。

本物を知らない人は価格でしか価値を測れない。しかし本物を知っている人は、見た瞬間、乗り込んだ瞬間にその価値を知るだろう。

新生レンジローバーは、プレスでは張りを演出するのが難しいアルミニウムを巧みに操って、削り出したようなボディを作った。柔らかいフォルムは、上品で飽きがこないデザインの基本である。

インパクトに欠けると思う人がいたらそれは本物を知らないことになるだろう。

内装も、マットなソフトパッドを用いたダッシュパネルは、かつて高級車に用いられた細かな結晶塗装をイメージさせる。スイッチ類も扱いやすくしっとりとして曖昧さがない。ただダイヤル式のセレクターの質感は、他が良いだけに陳腐に感じた。シートの素材や沈み込みは、伝統の高級を知っているだけに再現が上手だ。

優雅さはさらに進化を遂げた
先代から受け継がれたV型8気筒は、先代とは比べ物にならないほどスムーズだ。特にスーパーチャージャー付きのモデルは、走りのゆとりが心のゆとりを作りだす。ボディが180㎏のダイエットをしたことにより乗り心地を心配したが、上質なストロークのある優雅さはさらに進化を遂げた。

強風の高速も先代は風を押し切る印象だったが、風をまとわせて流すように思える。全長も全幅も増したが、ドライブすると見切りが良く、小さく感じる取り回しである。これにはステアリングとパワートレインの変更も大きく関わっている。

廃れない本物の質感をいつの時代でもレンジローバーは教えてくれる。

吸気システムの変更によりサイドベントが不要となり、渡河水深限界性能は700mmから900mmに向上

吸気システムの変更によりサイドベントが不要となり、渡河水深限界性能は700mmから900mmに向上

375psのNAは0-100km/h加速6.8秒、JC08モード燃費は5.8mk/Lに。スーパーチャージドは5.4秒、5.3km/Lとなる

375psのNAは0-100km/h加速6.8秒、JC08モード燃費は5.8mk/Lに。スーパーチャージドは5.4秒、5.3km/Lとなる

操作性を高めるためスイッチ類を減らしシンプルに。パークアシストなど運転支援装備も充実している

操作性を高めるためスイッチ類を減らしシンプルに。パークアシストなど運転支援装備も充実している

SPECIFICATIONS
グレードAUTOBIOGRAPHY
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)5005×1985×1865
ホイールベース(mm)2920
車両重量(kg)2520
乗車定員(人)
エンジン種類V8DOHCスーパーチャージド
総排気量(cc)4999
最高出力[ps/rpm]510/6500
最大トルク[N・m/rpm]625/2500
車両本体価格(万円)1670
Tester/松本英雄 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027