新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Aクラス (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/04/05)

メルセデス・ベンツ Aクラス|ニューモデル試乗

もうすぐ登場のA45AMGを待ちたい。もしくは、せめてA250シュポルトだ。とりあえずA180は妻か娘用として気軽に考えておきたい。たとえば同系のインテリアをもつSLやSLKの隣が似合う。デザイナーが同じSLSの横はもっと似合う

イメチェン果たし 激戦市場で直球勝負!

プレミアムCセグ市場で直球ど真ん中勝負

「 オレたちはフツウの小さい車なんて作らない! 」と言ったとか、言わなかったとか。Aクラスは欧州Cセグメントの覇者であるVWゴルフへの強烈なアンチテーゼというべき存在だった、これまでは…。ところがこの3代目は違う。FFのハッチバック。プレミアムCセグ市場で直球ど真ん中勝負となった。

冒頭のように強気でいられなくなった理由はただ1つ。オーナー層の高齢化だ。

今のうちに裾野を拡げておかないとエラいこっちゃ、というわけで、背高コンパクトのマーケットはBに任せて、Aを市場がでかいコンサバなハッチバックスタイルとして、CやEに繋がる裾野を拡げる役目を担わせた。

スポーティイメージを前面に
足回りのフィールは、Bクラスよりもしなやかだ。確かに、硬めではある。けれども、妙に突っ張った感覚やバタツキがなく、その動きには、よくしなる一枚板といった風情がある。

もちろん、ランフラットの嫌味は、路面が荒れてくるとすぐに顔を出す。当たりが強く、収まりが悪い。けれども、全体として、嫌な感じではない。ただし使いこなし具合では、まだまだBMWに一日の長があった。

もう1つ、ミッションフィールもBクラスより良いと感じた。Bクラスと同じデュアルクラッチシステム7G-DCTなのに、パシュンパシュンパシュンと小気味よく変速してくれる。妙に滑るような感覚もなく「これはDCTだなあ」と納得できる。

スポーティイメージを前面に打ち出したAクラスゆえ、スタイルとライドフィールのキャラクター付けをまったく変えてきたのだろう。

旧型より全長を405mm伸ばしつつ全高を160mm低めた。レーダー型衝突警告システムの標準化など安全装備も充実

旧型より全長を405mm伸ばしつつ全高を160mm低めた。レーダー型衝突警告システムの標準化など安全装備も充実

ヘッドレスト一体型スポーツシートやSLS AMGと同じモチーフのエアアウトレットを備えスポーティに

ヘッドレスト一体型スポーツシートやSLS AMGと同じモチーフのエアアウトレットを備えスポーティに

最新直噴システムやアイドリングストップ機構を備え、JC08モード燃費15.9km/Lと旧型比で約34%向上させた

最新直噴システムやアイドリングストップ機構を備え、JC08モード燃費15.9km/Lと旧型比で約34%向上させた

SPECIFICATIONS
グレードA180 BlueEFFICIENCY Sports
駆動方式FF
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4355×1780×1420
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1440
乗車定員(人)
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1595
最高出力[ps/rpm]122/5000
最大トルク[N・m/rpm]200/1250-4000
車両本体価格(万円)335
Tester/西川淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027