新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アバルト 500/595シリーズ (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アバルト 500/595シリーズ (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/04/12)

アバルト 500/595シリーズ|ニューモデル試乗

ベースが269万、595のツーリズモが319万、コンペティツィオーネが339万、595Cが349万、695のマセラティが世界限定499台で499万円。悩ましいがしゃれたオヤジとしては、インテリアにも凝ったツーリズモ系か、いっそ695へ

さすがの演出 さすがのアバルト

名チューナーぶりを存分に発揮

アバルトの攻勢が始まる。

2013年モデルは、名チューナーぶりが存分に発揮されている。手始めにエントリーの「500」の装備を簡略化し価格を30万円引き下げた。そして、「595ツーリズモ」とそのカブリオレ仕様「595Cツーリズモ」「595コンペティツィオーネ」という、595シリーズを3モデル導入する。

グレードに沿う乗り味をうまく表現
まずべーシックな500に乗る。135ps仕様の1.4Lターボエンジンに5MTの組み合わせ。即座に従来モデルよりも洗練された印象を受けた。雑な運転に対する寛容さは低いが、意のままに動かせるという点では、最も運転上級者向きかもしれない。

595シリーズはエッセエッセキット装着車と同様の160ps版になる。快適性&上質感を重視したツーリズモとスポーツ性重視のコンペティツィオーネの2仕様で、ATモード付き5速シーケンシャル、タイヤサイズが205/40R17、ダンパーはKONI製となり、595シリーズのほうが姿勢変化が小さく運転はやさしい。ツーリズモとコンペでは、足回りは同仕様というが、シートの違いでそれぞれのグレード名に沿う乗り味をうまく表現している。

ついでに、すでに完売した695シリーズ第1弾「アバルト695トリブート フェラーリ」にも試乗できた。180ps仕様のエンジンも、ハンドリングやブレーキ性能も、これはもうまったくの別物。

ただ、約600万円は少々お高いかと思っていたが、3月に発売された第2弾「エディツィオーネ マセラティ」は、出力や足回りなど機能は「フェラーリ」譲りで、499万円。これがいちばん欲しいかも。

エントリーモデルの500。シートはレザーからファブリックへ、エアコンはオートからマニュアルへと簡素化

エントリーモデルの500。シートはレザーからファブリックへ、エアコンはオートからマニュアルへと簡素化

ツーリズモはレザーシート、コンペティツィオーネはサベルト製スポーツシート(前席)で個性を高めた

ツーリズモはレザーシート、コンペティツィオーネはサベルト製スポーツシート(前席)で個性を高めた

スポーツモードを選択するとオーバーブースト機能が作動、最大トルクが230Nm(595)まで高められる

スポーツモードを選択するとオーバーブースト機能が作動、最大トルクが230Nm(595)まで高められる

SPECIFICATIONS
グレード595C Turismo
駆動方式FF
トランスミッション5SCT
全長×全幅×全高(mm)3655×1625×1505
ホイールベース(mm)2300
車両重量(kg)1160
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1368
最高出力[ps/rpm]160/5500
最大トルク[N・m/rpm]206/2000
車両本体価格(万円)349
Tester/藤野太一 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027