新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アバルト 500/595シリーズ (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アバルト 500/595シリーズ (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/04/12)

アバルト 500/595シリーズ|ニューモデル試乗

ベースが269万、595のツーリズモが319万、コンペティツィオーネが339万、595Cが349万、695のマセラティが世界限定499台で499万円。悩ましいがしゃれたオヤジとしては、インテリアにも凝ったツーリズモ系か、いっそ695へ

さすがの演出 さすがのアバルト

名チューナーぶりを存分に発揮

アバルトの攻勢が始まる。

2013年モデルは、名チューナーぶりが存分に発揮されている。手始めにエントリーの「500」の装備を簡略化し価格を30万円引き下げた。そして、「595ツーリズモ」とそのカブリオレ仕様「595Cツーリズモ」「595コンペティツィオーネ」という、595シリーズを3モデル導入する。

グレードに沿う乗り味をうまく表現
まずべーシックな500に乗る。135ps仕様の1.4Lターボエンジンに5MTの組み合わせ。即座に従来モデルよりも洗練された印象を受けた。雑な運転に対する寛容さは低いが、意のままに動かせるという点では、最も運転上級者向きかもしれない。

595シリーズはエッセエッセキット装着車と同様の160ps版になる。快適性&上質感を重視したツーリズモとスポーツ性重視のコンペティツィオーネの2仕様で、ATモード付き5速シーケンシャル、タイヤサイズが205/40R17、ダンパーはKONI製となり、595シリーズのほうが姿勢変化が小さく運転はやさしい。ツーリズモとコンペでは、足回りは同仕様というが、シートの違いでそれぞれのグレード名に沿う乗り味をうまく表現している。

ついでに、すでに完売した695シリーズ第1弾「アバルト695トリブート フェラーリ」にも試乗できた。180ps仕様のエンジンも、ハンドリングやブレーキ性能も、これはもうまったくの別物。

ただ、約600万円は少々お高いかと思っていたが、3月に発売された第2弾「エディツィオーネ マセラティ」は、出力や足回りなど機能は「フェラーリ」譲りで、499万円。これがいちばん欲しいかも。

エントリーモデルの500。シートはレザーからファブリックへ、エアコンはオートからマニュアルへと簡素化

エントリーモデルの500。シートはレザーからファブリックへ、エアコンはオートからマニュアルへと簡素化

ツーリズモはレザーシート、コンペティツィオーネはサベルト製スポーツシート(前席)で個性を高めた

ツーリズモはレザーシート、コンペティツィオーネはサベルト製スポーツシート(前席)で個性を高めた

スポーツモードを選択するとオーバーブースト機能が作動、最大トルクが230Nm(595)まで高められる

スポーツモードを選択するとオーバーブースト機能が作動、最大トルクが230Nm(595)まで高められる

SPECIFICATIONS
グレード595C Turismo
駆動方式FF
トランスミッション5SCT
全長×全幅×全高(mm)3655×1625×1505
ホイールベース(mm)2300
車両重量(kg)1160
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1368
最高出力[ps/rpm]160/5500
最大トルク[N・m/rpm]206/2000
車両本体価格(万円)349
Tester/藤野太一 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027