新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4ロードスター (西川淳)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4ロードスター (西川淳)【海外試乗】 / navi

(2013/05/07)

ランボルギー二 アヴェンタドールLP700-4ロードスター|海外試乗

間違っても、これに乗って喜ぶのは身も心も成熟したオトナではない。心はコドモのままカラダだけ成長したオトナだ

スーパーカー的カイラクの見本市

オープンスーパーカーには子どもじみた気合がいる

ただでさえ目立つランボの最新フラッグシップが、オープンのまま、あたりに爆音を響かせて、あなたに近寄ってきたとしたら…。ひるむでしょうね。ボクでも、ひるむ。で、おそ~るおそる、できれば視線を合わさずに、のぞき込む。

いったい、どんなカオして転がしてやがるんだ?

逆に言うと、アヴェンタドールロードスターを運転してやろうと思ったならば、そんな勝手で好奇な視線に耐える、どころか楽しむ度胸と余裕がなきゃいけない。あなたが有名スターでなかったにせよ、それくらいの気分で乗っかってなきゃダメだ、似合わない。オープンのスーパーカーには子どもじみた気合がいる。

V12サウンドがCFRPキャビンに響き渡る

ダイナミックパフォーマンスはクーペに遜色ない。むしろ、アシがほのかに柔らかい分、ステアリングやアクセレーションのキッカケもつかみやすい。安心して踏める。これはクーペにはない美点。そもそもうまい人には関係ない話だが。

もうひとつ。クローズドのままリアウインドウを下げて(電動)、ドライブモードを「スポーツ」にして走れば、これまたサイコー。周囲を驚かせるだけだった大排気量V12サウンドがCFRPキャビンに響き渡る。シフトアップ時のエンジン回転の切れ目や、シフトダウン時のブリッピングなど、「スーパーカーを買って良かった」と思う瞬間のオンパレード。とてつもない快楽だ。

トップパネルはイマドキ自分で外すタイプ。CFRP製で軽い。スタイリングを守り重量増を抑えるための、積極的な「手動」式採用であった。

カーボン繊維強化樹脂のモノコックボディを採用。前後サブフレームにはアルミを用い大幅に軽量化

カーボン繊維強化樹脂のモノコックボディを採用。前後サブフレームにはアルミを用い大幅に軽量化

開閉可能なリアウインドウを備え、室内へのエアフローやエンジンサウンドを調節できる

開閉可能なリアウインドウを備え、室内へのエアフローやエンジンサウンドを調節できる

ルーフは2分割の手動取り外し式でフロントラゲージに収納。カーボンを用い片側6kg未満に抑えられた

ルーフは2分割の手動取り外し式でフロントラゲージに収納。カーボンを用い片側6kg未満に抑えられた

SPECIFICATIONS
グレードAVENTADOR LP 700-4 ROADSTER
駆動方式4WD
トランスミッション7SCT
全長×全幅×全高(mm)4780×2030×1136
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1625
乗車定員(人)2
エンジン種類V12DOHC
総排気量(cc)6498
最高出力[ps/rpm]700/8250
最大トルク[N・m/rpm]690/5500
Tester/西川淳 Photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り(2019/11/08)
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
東京モーターショー2019で「グルメキングダム」に通い詰めた編集部員のグルメレポート(2019/11/01)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン(2019/10/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027