新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー クリオR.S. (南陽一浩)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ルノー クリオR.S. (南陽一浩)【海外試乗】 / navi

(2013/05/09)

ルノー クリオR.S.|海外試乗

スムーズにAT使いできる5ドアボディの奥ゆかしさ。それでいて旦那衆は峠でサルになれる奥深さ。男女の均衡を50:50でほぼ完璧に実現している点がきわめてフランスっぽい1台といえる。内装トリムのアクセントが赤のみという点だけプチ減点対象だ

R.S.史上最強のエレガント系アスリート

すべてがタダ者でない証

一見、ルノークリオ(ルーテシア)R.S.のスペックにはナメられそうな要素が満載だ。ボディは5ドアのみ、エンジンは日産ジューク起源の1.6Lターボ、MTに代わりゲトラグ製の6速デュアルクラッチEDC。7速ではないが2ペダル化は、間口の広さで先行する独伊のライバルにやっと肩を並べたかのようだ。

が、200ps&240Nmのパワーとフラットトルクの余裕、シフトマナーの滑らかさと鋭さでは、最新鋭のクリオR.S.に分がある。足回りのストローク感も勘案すれば大げさでなく、Dレンジ限定で乗るには「もっとも家族向けなホットハッチ」。しっとりしたステアリングフィール、ソフトなアタリの乗り心地、かつ高速巡航でBセグ離れした安定性、じつはそのすべてがタダ者でない証だ。

甘辛両刀なホットハッチの正常進化

ローンチコントロールやESPオフを含むモードが選べるR.S.ドライブ、トルクベクタリングなどアツい新機軸も満載ながら、ドライバーを夢中にさせる決定的要素は2つ。

まずフロントサスのダンパー・イン・ダンパー。今回は公道でスポール・シャシー、ミニサーキットでカップ・シャシーを試したが、いずれの状況でも的確なバンプ&リバンプ、奥に行くほど粘っこく解像度の高いロードホールディングを見せてくれる。

もう一つは日産GT-R譲りのマグネシウム製パドルシフター。EDCのキレ味を引き立てつつシフトダウン時に長く握れば2、3段を一撃でオトせる。

新機軸は多いが、どれも練れていてポン付け感は皆無。甘辛両刀なホットハッチの正常進化にほくそ笑むこと請け合いだ。

カップ・シャシーはスポール・シャシーより車高が3mm低く、ダンパー剛性も+15%。両者とも18インチを余裕で履きこなしていた

カップ・シャシーはスポール・シャシーより車高が3mm低く、ダンパー剛性も+15%。両者とも18インチを余裕で履きこなしていた

着座位置は設計段階から低められスポーティさを演出している

着座位置は設計段階から低められスポーティさを演出している

ノーマル/スポーツ/レースが選べる「R.S.ドライブ」を採用。レースモードではフルMTでESPもオフ

ノーマル/スポーツ/レースが選べる「R.S.ドライブ」を採用。レースモードではフルMTでESPもオフ

SPECIFICATIONS
グレードCLIO R.S.
駆動方式FF
トランスミッション6DCT
全長×全幅×全高(mm)4090×1732×1432
ホイールベース(mm)2589
車両重量(kg)1204
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1618
最高出力[ps/rpm]200/6000
最大トルク[N・m/rpm]240/1750
Tester/南陽一浩
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027