新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 5008(島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 5008(島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/05/13)

プジョー 5008|ニューモデル試乗

道具として使い倒して生きる、それでいて味わいも濃いという意味で思い出したのは往年の406ブレーク。価格設定も頑張っているからVW ゴルフトゥーランを検討中の人は見てみる価値アリ。日本のミニバンに飽きた人もゼヒ試してみて

道具として使い倒せる、それでいて濃い味わい

安全性も乗員全員に配慮

307SW/308SWと、3列シート7人乗りモデルの日本導入は早かったプジョーだが、正式にミニバンとして販売するのはこの5008が初めてだ。全長4530mmと車体はさほど大きくはないが、1列目はもちろん2列目もスペースは十分。独立した3人分のシートはすべて同サイズとされる。3列目は広々とまでは言えないが、2列目を前に出せば大人でもちゃんと座れる。常時7人乗るならともかく、たまに使うなら十分過ぎるほどだ。

全席分のシートベルトとヘッドレストは当然、標準装備。また3列目までカバーするカーテンエアバッグも備わるなど、安全性の面でも乗員全員への配慮が徹底されている。ここが日本車とは違うのである。

3列目シートは簡単な操作で左右別々にフロア下に折り畳めるし、2列目まで倒して広大な空間をつくり出すこともできる。このときフロアが完全にフラットになるのはお見事。床面も低く使い勝手は抜群だ。

昔はプジョーってこういう車だったよな

しかし何より好印象だったのは走りっぷりである。乗り味は、良い意味でユルく、しなやか。久しぶりに、いかにもプジョーらしい走りを満喫できる。ハンドリングも上々。1.6Lターボエンジンと6速ATを組み合わせたパワートレインのドライバビリティも文句なし。まあ7人乗車だと、さすがに余裕はなさそうだけれど。

見た目も中身もシンプルだが押さえるところは押さえていて、いい意味での道具感がある。

昔はプジョーって皆、こういう車だったよな…なんて嬉しい気持ちにさせられてしまった。望外に、めっけもんに出会ったという感じである。

本国では2009年から販売されているミドルクラスミニバン。ベーシックなプレミアムと装備充実のシエロをラインナップ

本国では2009年から販売されているミドルクラスミニバン。ベーシックなプレミアムと装備充実のシエロをラインナップ

シエロにはヘッドアップディスプレイやパノラミックガラスルーフなどが標準装備される

シエロにはヘッドアップディスプレイやパノラミックガラスルーフなどが標準装備される

個々にスライド&収納できる2列目シートを採用。スペースは3列目格納で823L、2列目格納で2506Lとなる

個々にスライド&収納できる2列目シートを採用。スペースは3列目格納で823L、2列目格納で2506Lとなる

SPECIFICATIONS
グレードCielo
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4530×1840×1645
ホイールベース(mm)2725
車両重量(kg)1600
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]156/6000
最大トルク[N・m/rpm]240/1400-3500
車両本体価格(万円)330
Tester/島下泰久 Photo/阿部昌也
クリックでタグの選択
最新ニュース
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027