新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V40 T5 Rデザイン(藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ V40 T5 Rデザイン(藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/05/21)

ボルボ V40T5Rデザイン|ニューモデル試乗

スポーツモデルにありがちな子どもっぽさがないのがいい。というより明らかに上級グレードの位置づけだ。エンジンがT5になり、レザーパッケージとナビパッケージまで標準装備でこの価格は、かしこい選択となるだろう

知識と経験をもつ大人の「R指定」

エッセンスはスポーティ仕様のRデザイン

V40が売れている。今年2月に発売されて5週間で受注が3100台を超えたという。ボルボの新車登録台数はリーマン・ショック以後、下降線をたどるもここ数年は回復傾向で、昨年は約1.4万台。今年は日本で最も売れたバブル期にも迫る2万台超を狙える勢いだ。

それほどまでに評価の高いV40に新たに追加されたのが「T5 R-DESIGN」だ。

こちらはベースの1.6L 4気筒T4にかわって、ボルボ伝統の直列5気筒 2LのT5エンジンを搭載、そしてこれまでにも様々なモデルに設定されてきたスポーティ仕様のR-DESIGNのエッセンスを盛り込んだモデルだ。

仕立ては上質、ハンドリングは重厚

エクステリアには専用グリルをはじめ、フロントバンパースポイラーやリアディフューザー、専用18インチホイールなどが備わるが、さり気ない。

標準装備されるナッパレザーのシートは快適。ブルーストライプのセンタースタック、ブルーの専用液晶デジタルメーターもいい雰囲気だ。

エンジンは明らかにトルクが増した印象で乗りやすい。普段はおとなしいが、踏めばきっちり「5気筒の音」がするのも楽しい。サスペンションは強化フロントダンパー&モノチューブリアダンパーを採用し、それに合わせてスプリング剛性を高め、と聞くとなんだか硬そうなイメージだが、これが意外なほどに快適だ。

ハンドリングは軽快というよりは重厚、内外装の仕立てもスポーティというよりは上質で、何よりボルボならではの安全装備は慣れるほどに心強い。

ルックス重視の若者向けというよりは知識と経験をもつ大人の「R指定」のようだ。

メッシュグリルやディフューザー、シルクメタルのドアミラーカバーなどを装着。Rデザイン専用のスポーツサスペンションも備える

メッシュグリルやディフューザー、シルクメタルのドアミラーカバーなどを装着。Rデザイン専用のスポーツサスペンションも備える

デジタル液晶メーターにはブルーの専用テーマカラーとスタートアップ・ビジュアルが用いられている

デジタル液晶メーターにはブルーの専用テーマカラーとスタートアップ・ビジュアルが用いられている

Rデザインのロゴが刺繍された専用本革シートを採用。シートをはじめステアリングなどにステッチも入る

Rデザインのロゴが刺繍された専用本革シートを採用。シートをはじめステアリングなどにステッチも入る

SPECIFICATIONS
グレードV40 T5 R-DESIGN
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4370×1800×1440
ホイールベース(mm)2645
車両重量(kg)1540
乗車定員(人)5
エンジン種類直5DOHCターボ
総排気量(cc)1983
最高出力[ps/rpm]213/6000
最大トルク[N・m/rpm]300/2700-5000
車両本体価格(万円)399
Tester/藤野太一 Photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027