新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ CLAクラス(小沢コージ)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ CLAクラス(小沢コージ)【海外試乗】 / navi

(2013/05/28)

メルセデス・ベンツ CLAクラス|海外試乗

露骨にカッコ優先で、昔のメルセデスファンはかなり裏切られた気分。ただ、ドアは4枚あるし、顔も程よく骨太。そういう意味ではナイスバランス。ブランドに過剰な思い入れのないヤンエグ(古い? )を引っ張れたらメルセデスの勝ち!!

ある意味、裏切りのメルセデス

ズバリ、カッコ最優先

うーむ、ドイツブランドってやっぱすごいわ。いつからメルセデスはこんなに「攻め」のメーカーになっちゃったんだろう。そ、新型CLA。ご存じの新型ハッチ、Aクラスベースの意欲的FF4ドアクーペなんだけど、見事攻めてます! 攻めきってます!!

まずはそのデザインで、確かにフロント回りはAクラスと同テイストなんだけど、それをリアまでエレガントに延ばして、超スタイリッシュ! 前後の絞りのキツさといい、ズバリ、カッコ最優先だ。

その影響が最も出てるのはリアシートで、身長176㎝の小沢が前に座ったポジションで、リアシートはヒザ前はほぼピッタリで頭はルーフにくっつく。正直、快適とは言い難く、窓の小ささもあって個人的に長距離座るのは勘弁していただきたい。もっとも小柄な女の子や子どもは大丈夫だろうけど。

でもね。現行Cクラスと同等のボディサイズを考えるとまさしく超伊達車。これがアルファロメオならわかるが、あの質実剛健で知られたメルセデスから出るとは、つくづく時代は変わったのぅ。

まさしく新たなる挑戦

ハンドリングもだ。既にB&Aクラスで味わっているメルセデスFFならではのテイストで、シャープさとしっとりさを兼ね備えたステアリングフィールはさすが。

だが、根本的に今までのFRメルセデスに感じた「癒し」はない。エンジンも、CLA180に搭載の122ps&200Nmの直噴1.6L直4はエコだが圧倒的にパワフルでもない。

まさしく新たなる挑戦。このイメチェンにキミはついていけるか?

4WDモデルの4MATICもラインナップ。レーダー型衝突警告システムCPAなどの安全装備も充実

4WDモデルの4MATICもラインナップ。レーダー型衝突警告システムCPAなどの安全装備も充実

丸型エアアウトレットやコラムシフトなどAクラスと共通点の多いインテリア

丸型エアアウトレットやコラムシフトなどAクラスと共通点の多いインテリア

ヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用。内外装はアーバンとAMGラインをはじめ、デジーノパッケージなど選択肢を増やした

ヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用。内外装はアーバンとAMGラインをはじめ、デジーノパッケージなど選択肢を増やした

SPECIFICATIONS
グレードCLA250
駆動方式FF
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4630×1777×1436
ホイールベース(mm)2699
車両重量(kg)1480
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1991
最高出力[ps/rpm]211/5500
最大トルク[N・m/rpm]350/1200-4000
Tester/小沢コージ Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027