新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォード フォーカス (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

フォード フォーカス (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/06/06)

フォード フォーカス|ニューモデル試乗

ツウを、フツウのCセグメントで気取るに適したモデル。ゴルフを買わず、人気のAクラスやV40を無視した時点で、十分にツウといえるのでは

ファミリーレストランの激ウマ裏メニュー

日本市場で苦労しがいある完成度の高さ

フォーカスが「ええ車」、ってことはとうの昔から知っていた。なんてったって、打倒ゴルフをここまで真剣に考えたモデルは他になかったし、完全にはムリだったけれども、VWのオシリを強烈に蹴りとばすくらいまではやってみせた。

なので、正規輸入の再開をひとまず歓迎したい。グローバルで単一モデルを作り販売するというフォードの新しい戦略は、今のところ成功を収めているし、そのなかに日本市場を含めた英断も評価しよう。

日本はとても難しい市場だから、欧風タイ生産の小さなフォードなんて苦労するのが目に見えているというのに…。けれども、売るほうも、われわれ伝えるほうも、苦労のしがいある完成度の高さなのである。

現時点でCセグメントNo.1

これで、国産ハッチのようにレベルの低い仕上がりだったなら、けなしてちょんでオシマイ、なわけだ。けれども、話はまったくもって逆で、どうにかして皆さんの心のハードルを押し下げ、ほんのわずかでいいから、よくできたフォーカスを受け入れる隙間を作ってあげたい。乗れば真剣にそう思える車であった。

魅力はナカミ=走りに尽きる。詳しく言えば、ボディとシャシーとアシが、もう超一級品。街乗りの快活な心地よさと、攻め込んだときの粘り気ある活発さは、現時点でCセグナンバー1と言っていい(ゴルフが出てくるまでは)。

問題は、だ。よくできたナカミを覆うすべてが、グローバル平均点のマーケティング志向で作られている点だろう。仕方がないけれど、惜しい。惜しいけれど、しょうがない。

日本には5ドアハッチバックのスポーツのみを導入。専用ボディキットやリアスポイラーなどが備わる

日本には5ドアハッチバックのスポーツのみを導入。専用ボディキットやリアスポイラーなどが備わる

最新3Dバーチャルエンジニアリングを用い、ポジションや配置、視認性やパネルの反射まで最適化させた操作系

最新3Dバーチャルエンジニアリングを用い、ポジションや配置、視認性やパネルの反射まで最適化させた操作系

全席にレザーとファブリックを組み合わせたシートを装着。衝突回避を支援するアクティブ・シティ・ストップも備えた

全席にレザーとファブリックを組み合わせたシートを装着。衝突回避を支援するアクティブ・シティ・ストップも備えた

SPECIFICATIONS
グレードSport
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4370×1810×1480
ホイールベース(mm)2650
車両重量(kg)1380
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1998
最高出力[ps/rpm]170/6600
最大トルク[N・m/rpm]202/4450
車両本体価格(万円)293
Tester/西川淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027