新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー Fタイプ (島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ジャガー Fタイプ (島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2013/06/11)

ジャガー Fタイプ|ニューモデル試乗

2人しか乗れず、荷物もろくに載らないけれど、その代わり圧倒的にカッコ良く、走りも心行くまで楽しめる。これぞまさにスポーツカー。何かをするためにではなく、まさに走るためにある車だ。文句無し!

ジャガーの「スポーツカー」復活の一撃!

何より魅力的なのはそのスタイリング

スポーツイメージを強く打ち出してきながら、実は長きにわたってスポーツカーをそのラインナップに用意していなかったジャガーが、久々に登場させた2座オープンスポーツカーがFタイプである。

まず何より魅力的なのは、そのスタイリング。往年のEタイプのイメージが各部にちりばめられた、しかし決してレトロではないフォルムは存在感抜群だ。

2座の室内には小物を置く場所も少なく、トランクも小さいが、このたたずまいの前では、それらもすべて許せてしまう。

そのボディはオールアルミ製。パワートレインは、3L V6と5L V8のいずれもスーパーチャージド・ユニットに8速ATを組み合わせる。ベースとなる素のFタイプの最高出力は340ps。V8Sは495ps とパワフルだ。車重はベースで1730kgと極端に軽いわけではないが、DCT要らずと思えるほど瞬時の変速を可能とした「クイックシフト」8速ATの抜群のダイレクト感と相まって、とにかく切れ味の鋭いピックアップと意のままになる加速を満喫できる。

ピュアスポーツを名乗るにふさわしい1台

フットワークも期待以上の出来栄えだ。素晴らしい手応えを示すステアリングは、指1本分の舵角から正確に反応し、高いスタビリティと相まって高速コーナーを自信をもって、そして低速コーナーでは軽快に攻めることができる。フラットな乗り心地も文句無し。

一般道、サーキット、そしてワインディングロードと、500km以上を一気に走っても、Fタイプはまだまだ走りたいと思わせたのだから、これぞ紛れもなくピュアスポーツを名乗るにふさわしい1台なのは間違いない。

ところでジャガーにとってFタイプが、どのくらい久々のスポーツカーなのかと言えば、何とEタイプの生産終了から実に40年ぶりという話になる。しかし待った甲斐はあった。スポーツカーブランドとしてのジャガー、復活ののろしだ。

静止していても動きを感じさせる前傾させたフロントグリル。V8Sには専用バッチが備わった

静止していても動きを感じさせる前傾させたフロントグリル。V8Sには専用バッチが備わった

キャンバス製ルーフは12秒で開閉する。時速50km/hまでなら走行中でも操作できる

キャンバス製ルーフは12秒で開閉する。時速50km/hまでなら走行中でも操作できる

直座位置はXKより20mm低めでスポーティさを高めた。センター部の通風口はリトラクタブル式を採用

直座位置はXKより20mm低めでスポーティさを高めた。センター部の通風口はリトラクタブル式を採用

SPECIFICATIONS
グレードF-TYPE V8 S
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4470×1925×1310
ホイールベース(mm)2620
車両重量(kg)1810
乗車定員(人)2
エンジン種類V8DOHC スーパーチャージド
総排気量(cc)4999
最高出力[ps/rpm]495/6500
最大トルク[N・m/rpm]625/2500
車両本体価格(万円)1250
Tester/島下泰久 Photo/ジャガー・ランドローバー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027