新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー XF2.0 (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ジャガー XF2.0 (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/06/24)

ジャガー XF2.0|ニューモデル試乗

未来的なデザインながら、若者がこの小粋なブリティッシュ・サルーンを乗りこなすのは荷が重いはず。「あえてのエントリーグレード」を気負わずに乗れるようになるには、それ相応の年齢を重ねる必要がある。その点、大人にこそふさわしい1台といえる

熟成された豊潤なジャガー・テイスト

往年のファンに魅力的なモデル

ジャガーといえば、まずはあの繊細な手触りが大好きという往年のファンにとっては大変魅力的なモデルがデビューした。4気筒2L直噴ターボを搭載したXF2.0が、それである。

フォードの手による“エコブースト”はボトムエンドから力強いトルクを生み出すのが身上。たしかに、こちらも新登場の3L V6エンジンに比べれば細かなバイブレーションも看取されるけれど、これ1台に乗っている限り、そんなことは気にならないはず。

ZF製8速ATとのマッチングも良好で、箱根の狭いワインディングロードでも小気味いい走りを楽しめた。

最新ダウンサイジング・コンセプトで一気に若返った

それにもまして魅力的だったのが、ゆったりしたストローク感を伝える足回りだった。235/55R17という、いまどきにしては珍しく「空気がたくさん詰まった」タイヤを履いていることもあり、嫌なゴツゴツ感は皆無。多少のうねりでもボディが煽られることはなく、ふんわりしなやかにやり過ごしてくれる。

それでいながらスポーティな走りもしっかり満喫できるのだから、コヴェントリーの技術者たちは、いったいどんなマジックを使ったのだろうか?

デビューして5年が経過したXFだが、パワートレインに最新のダウンサイジング・コンセプトを導入して一気に印象が若返った。

スペックシートには表れていないが、足回りなどにも改良の手が加えられているに違いない。気がつけば、超モダンなスタイリングも前後のライトが微妙に化粧直しされていたりする。

いつまでたっても魅力があせない背景には、そうしたたゆまぬ努力があるようだ。

2013年モデルではボディカラーのラインナップも変更。ブラインドスポットモニターを用意するなど安全装備も拡充された

2013年モデルではボディカラーのラインナップも変更。ブラインドスポットモニターを用意するなど安全装備も拡充された

ミッションは6速ATから新開発8速ATへと変更。燃費の向上やよりスムーズな加速を実現する

ミッションは6速ATから新開発8速ATへと変更。燃費の向上やよりスムーズな加速を実現する

ダウンサイジングエンジンはオールアルミ製で重量は138kgと軽量化も図られている

ダウンサイジングエンジンはオールアルミ製で重量は138kgと軽量化も図られている

SPECIFICATIONS
グレード2.0 PREMIUM LUXURY
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4975×1875×1460
ホイールベース(mm)2910
車両重量(kg)1760
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1998
最高出力[ps/rpm]240/5500
最大トルク[N・m/rpm]340/1750
車両本体価格(万円)694
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027