新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル XVハイブリッド (松本英雄)【プロトタイプ試乗】 / navi

クルマニュース

スバル XVハイブリッド (松本英雄)【プロトタイプ試乗】 / navi

(2013/06/25)

スバル XVハイブリッド|プロトタイプ試乗

ボディサイズはベースのインプレッサXVと同じ。写真のプラズマグリーン・パールはハイブリッドのイメージ色。アルミホイールも専用デザインだ

走行性能を重視するスバルらしいハイブリッドカー

堅実性を重視したメカニズムに注目

スバル初のHVのベースとして選ばれたのはインプレッサXV。車高を抑えながら最低地上高を上げ、ファッション性と本格的4WD性能を両立したSUVに分類される車だ。

XVはエンジンのクランクシャフトが進行方向に平行となる縦置きユニットを採用する。この形であれば、トランスミッション後部にHVのモーターを組み込めるため、荷重を分散させられ前後重量配分が片寄らないというメリットがある。重量のあるモーターを、走行性能に影響が出ないように車両の中心に置いているのだ。

さらに、日産 セレナ(S-HYBRID)でも使われているインテグレーテッド・スターター・ジェネレーターを採用している。セレナはこれを補助的な動力源としているが、XVではエンジン再始動用として活用する。通常のスターターモーターも装備しているが、万が一を考え確実なメカニズムを残したところがスバルらしい。またエネルギー回生も4輪から得られるために充電にも有利だ。

カタログの数値よりユーザーのことを考えた手法

プロトタイプの試乗は一般道で行われなかったため、部分的な評価であることをお許しいただきたい。

ゆっくり走り出すとEV走行のために静かだ。少々踏む込むとエンジンが目を覚ます。モーターの出力は10kw程度だから、違和感のない程度にトルクが太くなった加速を体感できる。

発進時などのエンジン回転数が低いときのトルクアップは低燃費化に有効で、同時にキビキビ感も出る。後輪軸上(従来のスペアタイヤエリア)に置かれるバッテリーは、若干コーナリング時に重みを感じることもあるが運動性は減じていない。かえって乗り心地が良くなっている。特に後席の乗り心地が良い。

燃費値は控えめなHVだがメカニズムは堅実。燃料を抑えながらトルクを増幅させ加速性能を得るやり方は、カタログの数値よりユーザーを考えた手法だ。

フロントとリアのランプにはブルーのアクセントカラーが入ったクリアランプを採用

フロントとリアのランプにはブルーのアクセントカラーが入ったクリアランプを採用

ハイブリッドの2.0iLと2.0iLアイサイトはツートーンのシートを標準装備

ハイブリッドの2.0iLと2.0iLアイサイトはツートーンのシートを標準装備

全グレードとも2L水平対向DOHC+モーターを搭載し、JC08モード燃費は20.0km/L

全グレードとも2L水平対向DOHC+モーターを搭載し、JC08モード燃費は20.0km/L

SPECIFICATIONS
グレードハイブリッド2.0iハイブリッド2.0i-Lハイブリッド2.0i-L EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4450×1780×1550
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)15001510
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC+モーター
総排気量(cc)1995
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6000+10(13.6)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4200+65(6.6)
JC08モード燃費(km/L)20.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/52
車両本体価格(万円)249.9267.75278.25
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027