新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Eクラスクーぺ/カブリオレ (石川真禧照)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Eクラスクーぺ/カブリオレ (石川真禧照)【海外試乗】 / navi

(2013/06/27)

メルセデス・ベンツ Eクラスクーぺ/カブリオレ|海外試乗

ようやく手を出しやすいEのカブリオレが上陸する。しかも運転すれば、高速安定性や経済性はこれまでのモデルを上回っている。クーペもE250は現行よりも性能がアップした。リアシートはどちらも実用になる。40~50代のセレブな夫婦が乗ったら似合う車に仕上がった

新たに投入されるE250カブリオレに注目

手を出しやすいカブリオレ登場

5月にセダン/ワゴンを2000か所以上も変更したEクラス。続いてクーペ/カブリオレが同じようなビッグマイナーを受けた。新型のクーペ/カブリオレの日本上陸は今秋の予定だが、その変更レベルはかなり高い、という。そこで、日本上陸の前に実力をチェック。北ドイツのハンブルグで開催されていたプレス試乗会に出かけた。

新型の目玉ともいえるのはE250カブリオレ。現在のラインナップはクーペがE250(669万円)、E350(875万円)、E550(1100万円)、カブリオレがE350(923万円)の4車種。カブリオレは1車種しかなかった。新型はカブリオレにエントリーモデルとしてE250が加わる。しかも右ハンドル仕様だ。当然価格もクーペのE250に近い価格になるはず。買いやすいカブリオレが登場するのだ。

新型は、パワーユニットが現行の1.8Lターボ(204ps)から2Lにアップした。この2Lユニットは世界初の成層燃焼リーンバーンとターボ、ERGを組み合わせたもの。4.7Lツインターボも豪快な走りを楽しめるが、さっそく試乗会会場でE250カブリオレを指名した。

1.8Lターボよりトルクフルでエコ

乗り込む前に外観をチェック。スタイリングは5月に変更されたセダン/ワゴンに準じているが、ヘッドライトレンズの形状やグリルの横バーの数など、微妙に異なるデザインを採用している。インテリアも同様だ。

2Lターボエンジンのフィーリングは一言で表すと、1.8Lターボよりもトルクフルでエコ。燃費も実走行で9~12km/Lを記録した。7速ATもセッティングがセダン/ワゴンと微妙に違い、よりエコな方向になっている。さらに、高速走行時の安定性もこれまで以上にハイレベルに仕上がっていた。

クーペにも言えることだが、E250の完成度は、かなり楽しめるレベルと言える。

Eクラスセダン/ワゴンと同様に、新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトやLEDリアコンビランプを採用

Eクラスセダン/ワゴンと同様に、新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトやLEDリアコンビランプを採用

車間距離を自動で維持するディストロニック・プラスなどを備えるレーダーセーフティパッケージや360度カメラシステムなども用意する

車間距離を自動で維持するディストロニック・プラスなどを備えるレーダーセーフティパッケージや360度カメラシステムなども用意する

E250には成層燃焼リーンバーンとターボ、排ガス再循環装置(EGR)を組み合わせた2L直4ターボエンジンを搭載

E250には成層燃焼リーンバーンとターボ、排ガス再循環装置(EGR)を組み合わせた2L直4ターボエンジンを搭載

SPECIFICATIONS
グレードE250Cabriolet
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4703×1786×1398
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)1765
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1991
最高出力[ps/rpm]211/5500
最大トルク[N・m/rpm]350/1200-4000
Tester/石川真禧照 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027