新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレー フライングスパー (島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ベントレー フライングスパー (島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2013/07/01)

ベントレー フライングスパー|海外試乗

フライングスパーのオーナー層はビジネスで成功された方が大半。趣味じゃなく実用車として距離もガンガン重ねている人ばかりだ。だからこそ内外装のチョイスなどもこだわる。ブランドに引かれるのもいいが、そんな風に車を愛するエリートに乗ってほしい

期待を完璧なまでに満たす超「正常進化」

名前から「コンチネンタル」が外れた

名前から「コンチネンタル」が外れた。それはデザインにも表れていて、4灯式ライトはコンチネンタルGTと違って外側が大きく内側が小さくなり、ラジエターグリルの角度も起こされている。より流麗なフェンダーラインや滑らかに垂れ下がっていくトランクリッドもラグジュアリーな雰囲気は上々。特に斜め後方から眺めた姿には、うまいなあとホレボレさせられてしまった。

後席の居心地の良さも絶品

625psを発生する6L W12ツインターボは、従来より50kg軽い車重に対しては十分過ぎるほどの余裕があり、まるで瞬間移動のような加速感を味わえる。おとなしめのサウンドは後席乗員への配慮。ステアリングを握ってもいいが、快適な乗り心地、磨き上げられた静粛性と相まって、後席の居心地の良さも絶品だ。

実はそのサスペンションは制御が見直され、バネ定数、アンチロールバーの剛性は10%以上、レバーブッシュに至っては25%以上も柔らかくされているだけに、それも納得なのだが、うれしいことに走りは決して犠牲になっていない。まあ、ベントレーならばそれも当然だろう。

新型といっても奇をてらったところはないが、大半のユーザーにとって、フライングスパーとは趣味の対象ではなく高品質な実用車なのだと考えればそれも納得できる。この車には目新しさよりも、移動の時間を速く心地良いものに演出することこそ何より求められているのだから。その意味で今回のフルモデルチェンジは、間違いなく期待に完璧に応えるものだと言えるはずである。

トランクリッドは低く長くなり、より滑らかな形状に。フェンダー成形にはスーパーフォーミング技術を用いる

トランクリッドは低く長くなり、より滑らかな形状に。フェンダー成形にはスーパーフォーミング技術を用いる

7種類から選べる左右対称に木目を合わせたウッドパネルや12色を用意する天然レザーを用いたゴージャスなインテリア

7種類から選べる左右対称に木目を合わせたウッドパネルや12色を用意する天然レザーを用いたゴージャスなインテリア

後席は2座と3座を用意。2座ではセンターコンソールを前席から延長、ハンドメイドの収納が備わる

後席は2座と3座を用意。2座ではセンターコンソールを前席から延長、ハンドメイドの収納が備わる

SPECIFICATIONS
グレードFLYING SPUR
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)5295×1976×1488
ホイールベース(mm)3065
車両重量(kg)2475
乗車定員(人)5(4)
エンジン種類W12DOHCターボ
総排気量(cc)5998
最高出力[ps/rpm]625/6000
最大トルク[N・m/rpm]800/2000
車両本体価格(万円)2280
Tester/島下泰久 Photo/ベントレー モータース ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027