新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V40クロスカントリー (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ V40クロスカントリー (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/07/08)

ボルボ V40クロスカントリー|ニューモデル試乗

V40クロスカントリーは高い機能性とお買い得感を兼ね備えた優等生モデル。輸入車Cセグメントに5気筒2.0Lターボ・エンジンと4WD機構を搭載したモデルが追加された

どうしても4WDが欲しい人のためのV40

お買い得輸入車に4WDの選択肢が

「お買い得輸入車Cセグメントの最右翼」ボルボV40に、またまた我々を悩ませる魅力的なモデルが登場した。その名もV40クロスカントリー T5 AWD。ちょっと前までならプレミアム・コンパクトカーのエントリー価格だった359万円で売り出される。

にもかかわらず5気筒2.0Lターボ・エンジンと4WD機構を搭載。エンジンは同じでも、駆動系は4WDからFWDに“ダウングレード”されるV40 T5 Rデザインが399万円なのだから、そのお買い得感は一層際立つ。

もっとも、メーカーが決めた値付けにはちゃーんとしたワケがある。まず、Rデザインはレザーシートとナビゲーションが標準装備。これがクロスカントリーでは計40万円のオプションになるから、この時点で勝負は振り出しに戻る。しかも、Rデザインのレザーは、クロスカントリーにオプション装着されるものより格段にクオリティが高い。その違いは手で触れた瞬間にわかるほどだ。

雪道や雨の高速道路での安心感を求めるなら

でも、クロスカントリーには滑りやすい路面でも安心なAWDがある。

ちなみに、XC40ではなくV40クロスカントリーと呼ばれるのはオフロードへの比重に違いがあるからで、後者の方がオンロード比率は高い。いわば、アウディのクワトロ・モデルみたいなものだ。ただし、乗り心地の滑らかさ、ハンドリングのシャープさはRデザインの圧勝。クロスカントリーも悪くはないが、ちょっとずつ荒さが残る。

というわけで、オンロード性能にこだわるならRデザイン、雪道や雨の高速道路での安心感を求めるならクロスカントリーがオススメといえる。

エクステリアはグラファイトカラーを用いた専用バンパーやスキッドプレートなどで演出されている。全高は30mm高められた

エクステリアはグラファイトカラーを用いた専用バンパーやスキッドプレートなどで演出されている。全高は30mm高められた

ボルボ独自のフリーフローティングセンタースタックには、専用のカッパードーンアルミニウム・パネルが用意された

ボルボ独自のフリーフローティングセンタースタックには、専用のカッパードーンアルミニウム・パネルが用意された

耐久性に優れたT-Tecとテキスタイルを組み合わせたシートを標準とし、6種類のカラーをラインナップ。オプションで8種類の本革も用意する

耐久性に優れたT-Tecとテキスタイルを組み合わせたシートを標準とし、6種類のカラーをラインナップ。オプションで8種類の本革も用意する

SPECIFICATIONS
グレードT5 AWD
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4370×1800×1470
ホイールベース(mm)2645
車両重量(kg)1580
乗車定員(人)5
エンジン種類直5DOHCターボ
総排気量(cc)1983
最高出力[ps/rpm]213/6000
最大トルク[N・m/rpm]300/2700-5000
車両本体価格(万円)359
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027