新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V40クロスカントリー (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ V40クロスカントリー (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/07/08)

ボルボ V40クロスカントリー|ニューモデル試乗

V40クロスカントリーは高い機能性とお買い得感を兼ね備えた優等生モデル。輸入車Cセグメントに5気筒2.0Lターボ・エンジンと4WD機構を搭載したモデルが追加された

どうしても4WDが欲しい人のためのV40

お買い得輸入車に4WDの選択肢が

「お買い得輸入車Cセグメントの最右翼」ボルボV40に、またまた我々を悩ませる魅力的なモデルが登場した。その名もV40クロスカントリー T5 AWD。ちょっと前までならプレミアム・コンパクトカーのエントリー価格だった359万円で売り出される。

にもかかわらず5気筒2.0Lターボ・エンジンと4WD機構を搭載。エンジンは同じでも、駆動系は4WDからFWDに“ダウングレード”されるV40 T5 Rデザインが399万円なのだから、そのお買い得感は一層際立つ。

もっとも、メーカーが決めた値付けにはちゃーんとしたワケがある。まず、Rデザインはレザーシートとナビゲーションが標準装備。これがクロスカントリーでは計40万円のオプションになるから、この時点で勝負は振り出しに戻る。しかも、Rデザインのレザーは、クロスカントリーにオプション装着されるものより格段にクオリティが高い。その違いは手で触れた瞬間にわかるほどだ。

雪道や雨の高速道路での安心感を求めるなら

でも、クロスカントリーには滑りやすい路面でも安心なAWDがある。

ちなみに、XC40ではなくV40クロスカントリーと呼ばれるのはオフロードへの比重に違いがあるからで、後者の方がオンロード比率は高い。いわば、アウディのクワトロ・モデルみたいなものだ。ただし、乗り心地の滑らかさ、ハンドリングのシャープさはRデザインの圧勝。クロスカントリーも悪くはないが、ちょっとずつ荒さが残る。

というわけで、オンロード性能にこだわるならRデザイン、雪道や雨の高速道路での安心感を求めるならクロスカントリーがオススメといえる。

エクステリアはグラファイトカラーを用いた専用バンパーやスキッドプレートなどで演出されている。全高は30mm高められた

エクステリアはグラファイトカラーを用いた専用バンパーやスキッドプレートなどで演出されている。全高は30mm高められた

ボルボ独自のフリーフローティングセンタースタックには、専用のカッパードーンアルミニウム・パネルが用意された

ボルボ独自のフリーフローティングセンタースタックには、専用のカッパードーンアルミニウム・パネルが用意された

耐久性に優れたT-Tecとテキスタイルを組み合わせたシートを標準とし、6種類のカラーをラインナップ。オプションで8種類の本革も用意する

耐久性に優れたT-Tecとテキスタイルを組み合わせたシートを標準とし、6種類のカラーをラインナップ。オプションで8種類の本革も用意する

SPECIFICATIONS
グレードT5 AWD
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4370×1800×1470
ホイールベース(mm)2645
車両重量(kg)1580
乗車定員(人)5
エンジン種類直5DOHCターボ
総排気量(cc)1983
最高出力[ps/rpm]213/6000
最大トルク[N・m/rpm]300/2700-5000
車両本体価格(万円)359
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027