新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ ケイマン (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ポルシェ ケイマン (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/07/25)

ポルシェ ケイマン|ニューモデル試乗

車の成り立ちが基本に忠実だと、これくらいイイものができるというひとつの典型。「モノがわかっている大人」をアピールするには絶好のチョイスだ。いまやポルシェの9割を占めるPDKはスムーズで速くて燃費が良くて、これまた文句のつけどころがない

小粋でシンプルな大人のスポーツカー選び

感銘を受けた最廉価版

内外装の質感を含め、1台のスポーツカーとしてもはや何の不満も覚えない。それが、2代目ケイマンに試乗しての率直な印象である。

3代目ボクスターのモデルチェンジを確認した時点で予想できた進化ではあるが、612万円がスタート価格のスポーツカーとしては恐るべき完成度の高さだ。

特に強い感銘を受けたのが、まさにその最廉価版(6MT)。きっちり作り込まれた感が強く漂うコックピットの運転席に腰掛け、左手でイグニッションキーをひねれば(LHDの場合)、耳に届く乾いた音色は紛れもないポルシェ・ボクサー6のもの。

操作が容易なシフトレバーで1速を選び、ヒール&トーも楽々できるペダルレイアウトのクラッチを引き上げれば、275psを発する2.7Lエンジンは先代より20kg軽くなったボディを滑らかに押し出す。

それにしても、この静かさ、乗り心地の良さはなんだろう? その快適性は同クラスのスポーティセダンさえ凌ぐ。サスペンションはストロークの様子がはっきり感じ取れるタイプ。

だから、あえてMTを選び、どんな場面でも正確に姿勢を整えられるようになるまでトレーニングを積めば、立派なスポーツカー使いになれるはず。もっとも、前後の荷重移動が多少あいまいでも、ターンインでフロントがすっとインに入る特性を併せ持っているので、初心者にも安心だ。

Sは“厚盛り”トルク&いかにもスポーツカーな足回り

それに比べると、325psの3.4Lエンジンを積むSは、全域でトルクが“厚盛り”になっているし、足回りはいかにもスポーツカーらしい設定。

ただし「それだったら、いっそのこと911へ」という気持ちが芽生えそうで怖いともいえる。

だとすれば、ここは控えめに“素のケイマン”とゴルフ トレンドラインの2台持ちにするという手もあると思うが、いかがだろうか?

エアインテークグリルのLEDポジションランプは丸型に。ヘッドライトなどのフロントデザインはボクスターと基本的に同様

エアインテークグリルのLEDポジションランプは丸型に。ヘッドライトなどのフロントデザインはボクスターと基本的に同様

旧型からホイールベースが60mm長く、オーバーハングは短くなった。PDK仕様にはコースティング機能が備わる

旧型からホイールベースが60mm長く、オーバーハングは短くなった。PDK仕様にはコースティング機能が備わる

PDK仕様のステアリングには前後に押すタイプのシフトスイッチに加え、オプションでパドルシフトも選ぶことができる

PDK仕様のステアリングには前後に押すタイプのシフトスイッチに加え、オプションでパドルシフトも選ぶことができる

SPECIFICATIONS
グレードS
駆動方式MR
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4380×1800×1295
ホイールベース(mm)2475
車両重量(kg)1350
乗車定員(人)2
エンジン種類水平対向6DOHC
総排気量(cc)3436
最高出力[ps/rpm]325/7400
最大トルク[N・m/rpm]370/4500-5800
車両本体価格(万円)820
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027