新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Eクラス(大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス(大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/07/29)

メルセデス・ベンツ Eクラス|ニューモデル試乗

良質なサルーンを求める層に幅広くオススメできる。ダウンサイジング、ディーゼル、ハイブリッドと3つの省エネエンジンが揃うのも魅力。さらに進化した自動追随システムはあくまでもドライバー支援が目的なので、その点はくれぐれもお間違いなく!

これが現行Eクラスの完成形だ!

「メルセデス史上、最高傑作のE」

2年前にCクラスがビッグマイナーを実施したときのキャッチコピーに倣えば、これは間違いなく「メルセデス史上、最高傑作のE」である。

ゴードン・ワグナーが手を加えたデザインは、ボディサイドのキャラクターラインがシンプルになって現代風に生まれ変わり、ハイテク・ドライバー・サポートが充実したことで前走車に合わせてステアリングが追随する機能まで登場した。

エンジンは軒並み新世代に置き換わり、E250に積まれる4気筒2Lエンジンは成層燃焼リーンバーンとターボを組み合わせて15.5km/Lの低燃費を実現したほか、やはり新開発の3L V6Blue TECエンジンは、遮音性の向上もあっていまやガソリンエンジンと遜色のない静粛性とディーゼルターボならではの力強い加速感を両立させている。さらに3.5L V6の新型ハイブリッドも用意された。

メルセデスの保守本流セダンはかくあるべき

もっとも、そうしたテクノロジーの進化以上に私の心をつかんで離さなかったのが、劇的ともいえる乗り心地の改善だった。

なにしろ、フルモデルチェンジ直後のやや荒れた印象や収まりの悪さはすっかり影を潜め、しなやかでありながらフラット感の強い快適な足回りに生まれ変わっていたのである。かといってワインディングでヨタヨタするかといえばそんなことはなく、ロールは多少大きめながら安定したスタンスでコーナーをクリアする。

最近は猫も杓子もスポーティな車作りを目指しているが、メルセデスの保守本流セダンはかくあるべきだとずっと信じてきた。この変化を心から歓迎したい。

もっとも、新型がここまでよくなると、かわいそうなのはフルモデルチェンジ直後に購入したユーザー。というわけで「どうせ買うならマイチェン後」なんてジンクスが生まれないよう、メルセデスにはさらなる努力をお願いしておく。

セダンにはEクラス初のハイブリッド、E400ハイブリッドを設定。JC08モード燃費は15.2km/Lと、大幅に燃費性能も向上している

セダンにはEクラス初のハイブリッド、E400ハイブリッドを設定。JC08モード燃費は15.2km/Lと、大幅に燃費性能も向上している

旧型より出力を41ps/80N・mアップさせた3Lディーゼル(BlueTEC)エンジンもラインナップ。環境性能を意識しつつもスペックを向上した

旧型より出力を41ps/80N・mアップさせた3Lディーゼル(BlueTEC)エンジンもラインナップ。環境性能を意識しつつもスペックを向上した

電動開閉式テールゲートなどの便利な機能を備えるステーションワゴン。E350にはフロア格納式サードシートがオプションで用意される

電動開閉式テールゲートなどの便利な機能を備えるステーションワゴン。E350にはフロア格納式サードシートがオプションで用意される

SPECIFICATIONS
グレードE400 HYBRID AVANTGARDE
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4880×1855×1455
ホイールベース(mm)2875
車両重量(kg)1860
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3497
最高出力[ps/rpm]306/6500+27
最大トルク[N・m/rpm]370/3500-5250+250
車両本体価格(万円)890
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027