新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Eクラス(大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス(大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/07/29)

メルセデス・ベンツ Eクラス|ニューモデル試乗

良質なサルーンを求める層に幅広くオススメできる。ダウンサイジング、ディーゼル、ハイブリッドと3つの省エネエンジンが揃うのも魅力。さらに進化した自動追随システムはあくまでもドライバー支援が目的なので、その点はくれぐれもお間違いなく!

これが現行Eクラスの完成形だ!

「メルセデス史上、最高傑作のE」

2年前にCクラスがビッグマイナーを実施したときのキャッチコピーに倣えば、これは間違いなく「メルセデス史上、最高傑作のE」である。

ゴードン・ワグナーが手を加えたデザインは、ボディサイドのキャラクターラインがシンプルになって現代風に生まれ変わり、ハイテク・ドライバー・サポートが充実したことで前走車に合わせてステアリングが追随する機能まで登場した。

エンジンは軒並み新世代に置き換わり、E250に積まれる4気筒2Lエンジンは成層燃焼リーンバーンとターボを組み合わせて15.5km/Lの低燃費を実現したほか、やはり新開発の3L V6Blue TECエンジンは、遮音性の向上もあっていまやガソリンエンジンと遜色のない静粛性とディーゼルターボならではの力強い加速感を両立させている。さらに3.5L V6の新型ハイブリッドも用意された。

メルセデスの保守本流セダンはかくあるべき

もっとも、そうしたテクノロジーの進化以上に私の心をつかんで離さなかったのが、劇的ともいえる乗り心地の改善だった。

なにしろ、フルモデルチェンジ直後のやや荒れた印象や収まりの悪さはすっかり影を潜め、しなやかでありながらフラット感の強い快適な足回りに生まれ変わっていたのである。かといってワインディングでヨタヨタするかといえばそんなことはなく、ロールは多少大きめながら安定したスタンスでコーナーをクリアする。

最近は猫も杓子もスポーティな車作りを目指しているが、メルセデスの保守本流セダンはかくあるべきだとずっと信じてきた。この変化を心から歓迎したい。

もっとも、新型がここまでよくなると、かわいそうなのはフルモデルチェンジ直後に購入したユーザー。というわけで「どうせ買うならマイチェン後」なんてジンクスが生まれないよう、メルセデスにはさらなる努力をお願いしておく。

セダンにはEクラス初のハイブリッド、E400ハイブリッドを設定。JC08モード燃費は15.2km/Lと、大幅に燃費性能も向上している

セダンにはEクラス初のハイブリッド、E400ハイブリッドを設定。JC08モード燃費は15.2km/Lと、大幅に燃費性能も向上している

旧型より出力を41ps/80N・mアップさせた3Lディーゼル(BlueTEC)エンジンもラインナップ。環境性能を意識しつつもスペックを向上した

旧型より出力を41ps/80N・mアップさせた3Lディーゼル(BlueTEC)エンジンもラインナップ。環境性能を意識しつつもスペックを向上した

電動開閉式テールゲートなどの便利な機能を備えるステーションワゴン。E350にはフロア格納式サードシートがオプションで用意される

電動開閉式テールゲートなどの便利な機能を備えるステーションワゴン。E350にはフロア格納式サードシートがオプションで用意される

SPECIFICATIONS
グレードE400 HYBRID AVANTGARDE
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4880×1855×1455
ホイールベース(mm)2875
車両重量(kg)1860
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3497
最高出力[ps/rpm]306/6500+27
最大トルク[N・m/rpm]370/3500-5250+250
車両本体価格(万円)890
Tester/大谷達也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027