新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス IS (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

レクサス IS (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/08/08)

レクサス IS|ニューモデル試乗

少しボディが緩いぶんだけ、全体としてはまとまりのある走りをみせてくれる。ISの似合う人、フツウの人なんだろうな。売れてるらしいし

日本発信の高級車とは何か…。再び考えさせられる1台

国産車を絶賛したいからこそ“物足りない”

箱根でプロトタイプに乗り、北海道で主要グレードを網羅し、都内でもハイブリッドグレードを体験した結果をまとめて言えば、“物足りない”。

今、こうして書き出していても、思い出すのは中山峠あたりの荒れたアスファルト路面における乗り心地の悪さ(大きな入力をいなしきれない突っ張り感)ばかりで、何とか長所を思い出してみたら箱根ターンパイクを350のバージョンF(=最も尖った仕様)で駆け上ったときのボディの強さと官能的なサウンドくらい…。

3シリーズやCクラスを絶賛したボクだから、ISを悪く書くとスグ、欧州車コンプレックスだと言われそうだけど、メイド・イン・ジャパンを褒めたいという気持ち、実は人一倍強い。日産GT-Rのように国産車を絶賛したいからこそ、アカン国産車には厳しく言い続ける。そういうスタンスである。

世界中で売れてくれなければならないが…

これまで欧州プレミアムブランドの中心はDセグメントでありEセグメントであったけれども、このところ下方移行が進んで、メインはDとCになりつつある。つまり、フラッグシップとしてのLS やGS は大切だが、収益上の要はよりいっそう、ISとCTあたりに集中する。

ISは世界中で売れてくれなければならない。欧州の道がどうのこうの言ってる場合じゃなく、世界で生産される3シリーズやCクラス、A4と戦っていかなければならないのに、例えば素の250(18インチ仕様)をあんな乗り心地にしておいていいのだろうか? カタログ数字だけのハイブリッドでいいのか?  楽しんでも燃費のいいディーゼルに本気で対抗できると思っている?

レクサスがドイツ勢とは違う道を見つけた、と言う人もいる。真に本当ならば素晴らしい。けれども、正直に言って、ISはまだCや3には及んでいない。及ばぬ道を選んでどうする?  もっとも、A4には現時点で勝ったとは思うけど。

デザインアイコン「スピンドルグリル」やL字型の独立式クリアランスランプをもつヘッドライトが特徴的なフロントマスク

デザインアイコン「スピンドルグリル」やL字型の独立式クリアランスランプをもつヘッドライトが特徴的なフロントマスク

チューニングサスペンションなどの専用パーツを装備したスポーティバージョンのFスポーツもラインナップされている

チューニングサスペンションなどの専用パーツを装備したスポーティバージョンのFスポーツもラインナップされている

素材や形状にこだわった水平基調のインパネデザイン。中心には特徴的なアナログ時計が配され車内全体の質感を向上させている

素材や形状にこだわった水平基調のインパネデザイン。中心には特徴的なアナログ時計が配され車内全体の質感を向上させている

SPECIFICATIONS
グレードIS300h
駆動方式FR
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4665×1810×1430
ホイールベース(mm)2800
車両重量(kg)1670
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)2493
最高出力[ps/rpm]178/6000+143
最大トルク[N・m/rpm]221/4200-4800+143
車両本体価格(万円)480
Tester/西川淳 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【新型】トヨタ RAV4|アメリカで大人気のSUVが2年8ヵ月ぶりに日本凱旋(2019/09/17)
【新型】トヨタ スープラ|17年ぶりに復活したトヨタのピュアスポーツモデル(2019/09/15)
【試乗】新型アウディ Q8|2400kmのロングランでもドライバーに負担をかけない頼もしい存在(2019/09/14)
【試乗】新型 DSオートモビル DS3クロスバック│フランスだけが創りえたコンパクトラグジュアリーSUV(2019/09/03)
【試乗】BMW i8ロードスター|エンジン派“スーパーカー世代”の心もつかむ異次元のパフォーマンス(2019/08/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027