新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 208GTi (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 208GTi (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/08/19)

プジョー 208GTi|ニューモデル試乗

最高のスポーツハッチがそのまま大人のワガママに通じるかというと、そうではない。そう簡単なことではないのだ。この車の場合、ワガママとなる要素ができるだけ排除されて、ホットハッチの民主化が図られている

意外に辛くはないけれど、立派にシビレる山椒

誰もが楽しめるスポーツカー

車名を聞いて、すわ名車205GTiの復活、と思ってしまったのはどうやらボクのハヤトチリだったようである。江口寿史なんかが出てきちゃったし、てっきり80年代の栄光よもう一度!  的なホットハッチモデルを期待していたら、きっちり裏切られた。そりゃもう、良い意味でも悪い意味でも。

悪い意味、というか、そりゃそうだよな、と思ったのは、新しいGTiには205のようなエキセントリックさは皆無であるということ。スーパーカーだってスリルを失う時代に、いくらホットハッチだからといっても、昔のスリリングな走りを期待するほうがおかしい。非常にモダンなスポーツハッチである。

良い意味のほうはといえば、その裏返しなのだけれど、誰もが楽しめるスポーツカーになっているということ。RCZと同じパワートレインはあくまでも扱いやすく、軽い車体とあいまって、マニュアルミッションの操作にもある程度の鷹揚さを認めてくれる。ズボラに運転したって、速い。

今、望みうる最高のスポーツハッチの1台

要するに、過去のGTi的マニアさは影を潜めて、それがつまりは進化したGTiなのだよ、とプジョーは言っているわけだ。もし、GTiがGTiとしてそのまま進化していればこうなった。おそらく、そういうアピールなのだと思う。

だから、ノーマルの208モデルに対する作り込み=魂の込め方の違いが、歴然とその乗り味に表れていた。ボクはノーマルの208、特にMTモデルに何となくアンバランスな印象を抱いていたが、GTiにはそれがまったくと言っていいほどない。

足の動きはしなやかで、3ペダルのフィールも問題なく、エンジンは力強く回りきる。回して楽しむエンジンじゃないことが欠点といえば欠点だけれども、総合点では今、望みうる最高のスポーツハッチの1台だと思った。

クロームメッキされた台形デザインのダブルテールパイプを採用。CピラーにはGTiエンブレムがしつらえてある

クロームメッキされた台形デザインのダブルテールパイプが採用された。CピラーにはGTiエンブレムがしつらえてある

ノーマルよりトレッドが拡大されワイドフェンダーが装着されている。足回りもノーマルより硬めの専用チューニングが施された

ノーマルよりトレッドが拡大されワイドフェンダーが装着されている。足回りもノーマルより硬めの専用チューニングが施された

208シリーズ共通の特徴となる小径ステアリング。ドアパネルのグラデーションをはじめ、テーマカラーのレッドが随所に配される

208シリーズ共通の特徴となる小径ステアリング。ドアパネルのグラデーションをはじめ、テーマカラーのレッドが随所に配される

SPECIFICATIONS
グレード208GTi
駆動方式FF
トランスミッション6MT
全長×全幅×全高(mm)3960×1740×1470
ホイールベース(mm)2540
車両重量(kg)1200
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]200/6000
最大トルク[N・m/rpm]275/1700
車両本体価格(万円)299
Tester/西川淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【新型】三菱 eKワゴン|使いやすさを追求したベーシック軽(2019/09/22)
【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス(2019/09/20)
【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!(2019/09/19)
【新型】トヨタ RAV4|アメリカで大人気のSUVが2年8ヵ月ぶりに日本凱旋(2019/09/17)
【新型】トヨタ スープラ|17年ぶりに復活したトヨタのピュアスポーツモデル(2019/09/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027