新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW アルピナ B3ビターボ (山崎元裕)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW アルピナ B3ビターボ (山崎元裕)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/08/22)

BMW アルピナ B3ビターボ|ニューモデル試乗

アルピナという自動車メーカーの哲学というものを理解すればするほどに、彼らの最新作は魅力的なものに思えてくるはずだ。BMWのインディビジュアル・プログラムを、さらに進化させたカスタマイズが可能であるのも、アルピナの世界に多くのカスタマーが導かれる理由のひとつだ

Mモデルとは異なる、もうひとつのハイエンドBMW

独自の価値観を十分すぎるほどに演出

BMWのカスタマーは幸せだと思う。なぜならBMW車のパフォーマンスやプレミアム性を、自分のライフルスタイルの中で、さらに追求していきたいと考えたときに、「M」と「アルピナ」というふたつの選択肢が用意されているからだ。

今回はその選択肢のひとつであるアルピナの最新作、F30型3シリーズをベースとするB3のステアリングを握ってみたが、それはもちろん、アルピナ独自の価値観が十分すぎるほどに演出されたモデルにほかならなかった。

その運動性能はこのクラスのハイエンド

アルピナの哲学とは何か。それはBMWという素材のすべてを認め、そこから新たなプレミアム性を、走りの中に生み出していくことにある。ただ単にパワースペックを追うわけでも、また、レーシングカーのようなスパルタンなテイストを演出するわけでもない。そこにあるのは創業以来の伝統が育んだ独自の世界。

実際にこのB3のステアリングを握れば、まず誰もが感じるのは、さらにしなやかな動きを見せるようになったシャーシの魅力であるし、410psの3L直列6気筒ツインターボというスペックから想像する以上に、エンジンのキャラクターがジェントルなものに感じられることだ。もちろん4.2秒の0→100km/h加速や、305km/hの最高速に象徴されるように、その運動性能はこのクラスのハイエンド。

この走りの上質感は何に由来するものなのか。その秘密を探りつつのドライブは、B3のカスタマーにとっては何よりの至福の時間となるのだろう。アルピナというブランドの存在意義、それをあらためて知らされた試乗だった。

機能重視のエアロパーツや楕円形テールパイプ、そして伝統の20本スポークをもつアルピナクラシックホイールを装着

機能重視のエアロパーツや楕円形テールパイプ、そして伝統の20本スポークをもつアルピナクラシックホイールを装着

ンテリアは最高品質のレザーやウッドパネルなどを使用した美しい仕上がりとなり、ラグジュアリーさが高められている

インテリアは最高品質のレザーやウッドパネルなどを使用した美しい仕上がりとなり、ラグジュアリーさが高められている

環境性能は旧型から20%も向上した。直6エンジンに適応させた3つのモードを選択できるZF製8速ATが組み合わせられる

環境性能は旧型から20%も向上した。直6エンジンに適応させた3つのモードを選択できるZF製8速ATが組み合わせられる

SPECIFICATIONS
グレードLIMOUSINE
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4645×1810×1445
ホイールベース(mm)2810
車両重量(kg)1650
乗車定員(人)5
エンジン種類直6DOHCターボ
総排気量(cc)2979
最高出力[ps/rpm]410/5500-6250
最大トルク[N・m/rpm]600/3000-4000
車両本体価格(万円)955
Tester/山崎元裕 Photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ジープ グランドチェロキー/レネゲード/チェロキー│すべてのモデルにジープ本来の揺るぎないオフロード走破性が宿る(2019/08/23)
【試乗】新型 ジープ ラングラー ルビコン│極限の状況下でも、まるで守護神をまとっているかのような安心感を得られる(2019/08/21)
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Bクラス|力強さを増してメルセデス史上最高のFF車に進化!(2019/08/17)
【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化(2019/08/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027