新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ スペーシアカスタム (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

スズキ スペーシアカスタム (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/08/23)

スズキ スペーシアカスタム|ニューモデル試乗

基本のパッケージは標準のスペーシアと同様。後席スライドドアはターボ仕様が両側パワースライド、中間グレードのXSが左側のみパワースライド、エントリーグレードのXSは両側とも手動だ

リニアで頼りになるトルクと不安のないサスペンション

軽であることを忘れる広い空間とターボの走り

エンジンは自然吸気とターボの2タイプ。両者に外観上の違いはほとんどないが、ターボ仕様は15インチの大径ホイールを採用する(自然吸気仕様は14インチ)。精悍なデザインにマッチしているのはターボ専用の15インチホイールである。

試乗したのはターボ仕様。エンジンを始動して走り出す。ターボラグはなくCVTが良い仕事をしている。滑らかでトルク不足によるストレスも皆無だ。広い室内空間、そしてターボチャージャーによる力強い走りによって、軽自動車をドライブしていることを忘れてしまうほど快適だ。

トルクの大きさを確認すべく、ETCレーンを徐行で通過した後に合流へと加速してみる。3気筒の振動は不快ではなく、軽さと高回転ということも手伝ってハーモニックに感じる。

ターボチャージャーの恩恵によるリッターエンジン級のトルクは、軽い車重と相まって、リニアで頼りになる。小柄なハイトワゴンであるが不安のないサスペンション設定だ。

15インチでも乗り心地は悪くない。車体のネガティブなバイブレーションも感じられない。

コーナーなどで車体がグラリと横揺れするロールを抑えているほか、横風による空気抵抗の乱れも上手く吸収してドライバーと同乗者に不安を与えない。これはトレッド(左右車輪の中心間距離)が狭い軽自動車には大切なことだ。

快適性にも寄与するアイドリングストップ

アイドリングストップも進化した。3気筒のアイドリングは静かでも、長く乗れば振動が気になるもの。その意味でも、アイドリングストップは燃費への貢献もさることながら快適性アップにも効果があると言える。

日本の道路事情と住宅事情、そして税金事情から生まれた軽自動車だが、スズキの最新モデルを試乗してみて、デザインの好みはあるものの、文句のつけようがないレベルに進化していることを改めて確認できた。

ガーニッシュに埋め込まれたLEDのホリゾンタルラインがキャラクターを主張。このスケルトンのフロントグリルが力強いイメージを醸す

ガーニッシュに埋め込まれたLEDのホリゾンタルラインがキャラクターを主張。このスケルトンのフロントグリルが力強いイメージを醸す

ターボ仕様(TSグレード)のインパネ。インテリアカラーは全車ブラックとなる。シルバーとのコントラストで上質感を演出

ターボ仕様(TSグレード)のインパネ。インテリアカラーは全車ブラックとなる。シルバーとのコントラストで上質感を演出

ターボ仕様に標準装備される15インチアルミホイール。カスタムのキャラクターともいえる精悍な雰囲気にマッチしている

ターボ仕様に標準装備される15インチアルミホイール。カスタムのキャラクターともいえる精悍な雰囲気にマッチしている

SPECIFICATIONS
グレードGSXSTS
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17353395×1475×1740
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)860920950
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
JC08モード燃費(km/L)27.826.825.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)141.225161.91174.51
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027