新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 4シリーズクーぺ (石井昌道)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

BMW 4シリーズクーぺ (石井昌道)【海外試乗】 / navi

(2013/09/09)

BMW 4シリーズクーぺ|ニューモデル試乗

セダンやワゴンではなく、わざわざ2ドアクーペを選ぶ。それも、いかにもマニアックなピュアスポーツではないところがいい!? BMWのFRならではの絶品のハンドリングを楽しむのもいいが、余裕ある大人のクーペを優雅に乗りこなしたいものだ

グルメ的に深い味わいのハンドリングが癖になる!?

素直にカッコイイとうなずけるフォルム

最近、愛車を3シリーズに乗り替えたこともあって、とても気になっていた4シリーズ。セダンに対して、どれぐらい+αな魅力があるのだろうか? 年内の日本導入に先がけて欧州で試乗した。

まずスタイリングは、写真で見るよりも実車のほうがワイド&ローで迫力がある。

走り去る後ろ姿は、とても3シリーズがベースとは思えないほどで、一昔前の6シリーズぐらいの感覚。リアのホイールアーチがドーンと張り出しており、そこが全幅の最大値となるのだ(3シリーズはミラー)。それで全高が65㎜も低くなっているのだがらワイド&ローなのは当然。誰が見ても、素直にカッコイイとうなずけるフォルムだと思う。

FRの醍醐味を存分に味わわせてくれる

では走りはどうか? 試乗車は3L直6ターボを搭載する435i(8AT)のSportで、可変ダンパーとフロント、リアにそれぞれ19インチのオプションのタイヤを装着していた。タイヤサイズをチェックしたときには「もしかしたらリアが粘りすぎてアンダーっぽくなるかも?」なんて危惧していたが、サーキット試乗ではびっくりするほどバランスのいいハンドリングだった。

可変ダンパーをスポーツ寄りにセットしていてもガチガチに硬いわけではなく、サーキットの高G域では意外やロールするほどなのだが、それがステアリングを切り込んでからノーズが入っていくプロセスの素直さと、リアが粘りすぎないニュートラルなハンドリングをもたらしていた。

エンジンのトルク&パワーとレスポンスが申し分ないこともあって、もっと旋回させたい、あるいはリアを安定させたいというようなドライバーの意思を忠実に反映。FRの醍醐味を存分に味わわせてくれるのだ。

3シリーズセダンでも十分にファンだが、さらに自由自在感を高めたハンドリングをもつ4シリーズ。舌の肥えたグルメには、堪えられないほど美味なのだ。

3シリーズセダンより全長を8mm、全幅を25mm大きくしつつも全高を78㎜も低くしたクーぺフォルムに仕立てられた

3シリーズセダンより全長を8mm、全幅を25mm大きくしつつも全高を78㎜も低くしたクーぺフォルムに仕立てられた

アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムなどが採用された。統合制御を行うECO PROモードも備える

アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムなどが採用された。統合制御を行うECO PROモードも備える

他モデルと同様、内外装を個性的に仕立てた3種類のデザインライン(スポーツ/モダン/ラグジュアリー)とMスポーツが用意される

他モデルと同様、内外装を個性的に仕立てた3種類のデザインライン(スポーツ/モダン/ラグジュアリー)とMスポーツが用意される

SPECIFICATIONS
グレード435i Coupe
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4638×1825×1362
ホイールベース(mm)2810
車両重量(kg)1525
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)2979
最高出力[ps/rpm]306/5800-6000
最大トルク[N・m/rpm]400/1200-5000
Tester/石井昌道 Photo/ビー・エム・ダブリュー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027