新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォード クーガ (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

フォード クーガ (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/09/16)

フォード クーガ|ニューモデル試乗

快適性や燃費よりスタイリングやハンドリング重視のSUVであるという意味ではわがままで選ぶ車とも言えるけれど、それは大人の選択としてはクエスチョンマークが付く。ドアやステアリングの重さも、自分はいいけど奥さまが運転するには…というわけで、ちょっと辛めに

通向けSUVの新型はさらにマニアック度アップ

スタイリッシュな外観が目を引く

いかにもヨーロッパ フォードらしい走りとパッケージングへのこだわりが好印象だったクーガの新型は、従来と同様にまずはスタイリッシュな外観が目を引く。

フォーカスでも謳われている“キネティックデザイン”は、こちらのほうがアクが少なく素直にイイ感じ。インテリアも、やはりフォーカスほどうるさく感じないのは目線が高いせいだろうか?

エンジンは従来の2.5Lターボから1.6Lターボへ変更されたが、実用域での力感は十分。もっと6速ATを早めにシフトアップさせるECOモードがあってもいいと思ったほどだ。何しろ燃費は従来の2割増しとはいえ、9.8km/Lでしかない。

どこかに何か光るモノが欲しいなあ

乗り心地は、街中では硬めに感じられる。ロードノイズも含めてフォードらしいとも言えるが、ゆったり走っているときは、もっとくつろがせてほしい。

ならばとフットワークには期待していたのだが、個人的にはあまり口に合わなかった。乗り心地が硬いわりに姿勢変化は小さくなく、シャープなステアリングと相まって、よく曲がる一方で挙動は何だか落ち着きがない。もっと、ひたひたと路面をつかんで離さない、そんな走りの方がSUVにはふさわしいのでは?

低速域用の追突回避自動ブレーキや、両手がふさがっていても開けられる自動テールゲート等々、装備はそれなりに充実しているけれど、このクラスの鉄板商品であるフォルクスワーゲン ティグアンや、BMW X1を差し置いて選ばせるだけの強い誘引力があるかと言えば、正直言って疑問。

カッコは良いんだけど…もうひとつ、どこかに何か光るモノが欲しいなあというところだ。

旧型と比べ全高を10mm低く全長を95mm大きくすることで、よりスポーティなスタイルに進化した。フォーカスに続いてキネティックデザインが踏襲されている

旧型と比べ全高を10mm低く全長を95mm大きくすることで、よりスポーティなスタイルに進化した。フォーカスに続いてキネティックデザインが踏襲されている

マイクロソフトと共同開発した、オーディオなどを統合制御するフォード独自のSYNCを標準装備。より現代的な雰囲気をもつセンターコンソールに

マイクロソフトと共同開発した、オーディオなどを統合制御するフォード独自のSYNCを標準装備。より現代的な雰囲気をもつセンターコンソールに

ディーゼルの技術を活用したダウンサイジングコンセプトの直噴ターボエンジン、エコブースト(EcoBoost)を搭載する

ディーゼルの技術を活用したダウンサイジングコンセプトの直噴ターボエンジン、エコブースト(EcoBoost)を搭載する

SPECIFICATIONS
グレードTitanium
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4540×1840×1705
ホイールベース(mm)2690
車両重量(kg)1720
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1595
最高出力[ps/rpm]182/5700
最大トルク[N・m/rpm]240/1600-5000
車両本体価格(万円)385
Tester/島下泰久 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027