新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ 911ターボ (大谷達也)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ポルシェ 911ターボ (大谷達也)【海外試乗】 / navi

(2013/10/10)

ポルシェ 911ターボ|海外試乗

もっと速いスポーツカーはほかにもあるし、もっとひと目を引くスポーツカーだってなくはない。でも、実際に「使い切れるパフォーマンス」という意味で新型911ターボは最強の存在。運転好きで、機械としてのモノの良さがわかる人にこそオススメである

もはやひれ伏すしかない全方位型スーパーカー

スポーツカー界における世紀の一大事業

今年で50年周年を迎えたポルシェ 911の歩みは、快適性や信頼性を高め、安全性や効率を改善する歴史でもあった。おかげで最新の991は、もはやヘタなスポーツセダン顔負けなくらい乗り心地がいいし、毎日乗っても不満が出そうにないほど実用性が高い。

ただし、本来であればスポーツカーにとって堕落ともなりかねないそうした施策を実施しながら、スポーツカーとしての本質的な価値をしっかり守り続けている点にこそ、ポルシェのポルシェたるゆえんがある。それは、生半可なスポーツカーメーカーには真似ができない気高い志と名門としての強い責任感が支えた、「スポーツカー界における世紀の一大事業」といえる。

このほどデビューした新型911ターボも、まったく同様の進化を果たしていた。なにしろ快適性と操安性のバランスにかけては傑出した存在の911シャシーに、従来型よりピックアップを改善した3.8L水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。

もう、これだけでも十分に完成度の高いGTカーができあがっていただろうに、新型GT3でデビューしたリアアクスルステアリングを採用して基本的なスタビリティ高めたうえで、その副産物としてステアリングギア比を10%速めることに成功。

さらにディファレンシャルロック機構を盛り込んだPVT Plus(ポルシェ・トルク・ベクトリング プラス)、それにPDCC(ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム)を搭載し、ハンドリングレスポンスに磨きをかけたのである。

快適にして俊敏

試乗会の舞台はドイツ北部にあるビルスターベルグという名のサーキット。低中速のS字コーナーが続くこのコースはスポーツカーの俊敏性を確認するにはうってつけだが、新型911ターボは1.6トンという車重が信じられないほどシャープなハンドリングを示した。

快適にして俊敏。

次期モデルに何を期待したらいいのか想像もできないほど、新型は全方位的な進化を遂げていたのである。

ホイールベースを100mm延長、リアボディパネルはカレラ4より28mmワイド化された。SにはフルLEDヘッドライトが備わる

ホイールベースを100mm延長、リアボディパネルはカレラ4より28mmワイド化された。SにはフルLEDヘッドライトが備わる

伝統の5連メーターには4.6インチディスプレイが採用された。トルクの出力状況がドットで表示され視認できるようになった

伝統の5連メーターには4.6インチディスプレイが採用された。トルクの出力状況がドットで表示され視認できるようになった

520ps/660Nmのスペックを持つ、ベーシックグレードの位置付けのTURBOもラインナップされる。価格は2030万円となる

520ps/660Nmのスペックを持つ、ベーシックグレードの位置付けのTURBOもラインナップされる。価格は2030万円となる

SPECIFICATIONS
グレードTURBO S
駆動方式4WD
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4506×1880×1296
ホイールベース(mm)2450
車両重量(kg)1605
乗車定員(人)4
エンジン種類水平対向6DOHCターボ
総排気量(cc)3800
最高出力[ps/rpm]560/6500-6750
最大トルク[N・m/rpm]700/2100-4250
Tester/大谷達也 Photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027