新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ アコードハイブリッド (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ アコードハイブリッド (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/10/23)

ホンダ アコードハイブリッド|ニューモデル試乗

非常に良い仕上がりのシャーシも功を奏し、スポーティな加速とハンドリングが楽しめる新しい価値観のスポーツハイブリッドだ

上品さとスポーティさを兼ね備えた新感覚のハイブリッド

高い運動性能によりボディが小さく感じる

アコードハイブリッドは、単なるラグジュアリーなセダンではなく、スポーツハイブリッドに仕立てたサルーンである。

Powerボタンを押すとシステムが立ち上がり、セレクターをDレンジに入れればモーターのみで静々と上品に動き出す。エンジンが動いていないので静粛性は高い。

アコードHVはエンジンを発電のみに使用するシリーズ型に限りなく近いシステムを採用しているのだ。

石畳からの振動もダンパーが細かく捉えて働き、ボディへの気になるバイブレーションはない。ステアリングは正確で細かな舵角を確実にタイヤに伝える。

低中速のワインディングでアクセルを踏み込む。加速は上品で素早い。ハンドリングもシャープで動きが俊敏なため、ボディが小さく感じる。

スポーティな加速とハンドリングを楽しめる

ホンダはこれまでソリッドなフロアのモノコックボディを採用してきたが、2年ほど前からボディの遊びを作り、振動を細かく逃がしながらもサスペンションを良く動かす設定に変え、非常に良くなった。

このシャーシ作りの効果もあり、バッテリーやモーターの重さは感じない。ここに、このモデルから感じるスポーティな性質の原泉があるのだ。

さらに、フロントにマクファーソンストラットを採用し軽量化に務める一方、アルミ合金のサブフレームで軽量化と剛性向上、バイブレーションの低減を狙っている。その効果は素晴らしい。

加速時はエンジンも始動する。専ら発電目的だが、落ち着いたエンジン音でミディアムアッパークラスの威厳を保つ。中速から高速ではエンジンのみで走る場面もある。とはいえ、燃費を落とさないようにエンジンの一番効率の良い部分を使っている。

無駄なく電気を集めてバッテリーに貯め、その蓄えでスポーティな加速とハンドリングを楽しんでもらう。それがアコードの提供する新しい価値なのだ。

前席は大人2人が乗っても窮屈感がない広々とした空間を確保している。ラグジュアリーさとスポーティさを合わせ待つセダンだ

前席は大人2人が乗っても窮屈感がない広々とした空間を確保している。ラグジュアリーさとスポーティさを合わせ待つセダンだ

エンジンのみで走る時のエネルギーフロー図。この場合でも間欠的にモーターで走るハイブリッドモードに切り替わる

エンジンのみで走る時のエネルギーフロー図。この場合でも間欠的にモーターで走るハイブリッドモードに切り替わる

法人向けリース販売となるプラグインハイブリッド。モーターのみで走るEV走行距離は37.6km、複合燃料消費率は70.4km/Lだ

法人向けリース販売となるプラグインハイブリッド。モーターのみで走るEV走行距離は37.6km、複合燃料消費率は70.4km/Lだ

SPECIFICATIONS
グレードLXEX
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4915×1850×1465
ホイールベース(mm)2775
車両重量(kg)16201630
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1993
最高出力[kW(ps)rpm]105(143)/6200+124(169)/3857-8000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]165(16.8)/3500-6000+307(31.3)/0-3857
JC08モード燃費(km/L)30.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)365.0390.0
Tester/松本英雄 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027