新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/10/24)

フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT|ニューモデル試乗

コンパクトとはいえ、そこはドイツの車。動力性能も燃費性能も、飛ばせば飛ばすほどその真価がわかる。専用サスペンションの乗り味も上質。完全街乗りお買い物仕様をお求めなら国産でしょうが、少しでもドライブを楽しみたいなら、ぜひこちらをどうぞ

地味な外見ですが、その中身は高い志にあふれている

もはや完全にクラスを超越した装備

いま輸入車が大いに売れている。日本市場においてもう何年も、新車登録台数における輸入乗用車の比率は約5%、が定説であった。しかし、今年8月の数字は10%にも迫る勢いなのだ。そのけん引役は新型ラッシュの続くB/Cセグメントであり、その雄がポロ、ゴルフを擁するVWであることは言うまでもない。

このポロブルーGTは、VWのマーケティング担当者いわく「国産ダウンサイザー向け」。価格的にはプリウス、サイズ&燃費的にはアクア、フィット、明確に国産ハイブリッド勢へ真っ向勝負だ。

ゴルフⅦ譲りの最新1.4Lターボエンジンは、ACT(気筒休止システム)に、アイドリングストップに、ブレーキエネルギー回生システムに、7速DSGと、もはや完全にクラスを超越した装備を満載する。

志の高さに日本のユーザーも気付き始めた

ACTの動作はインジケーターを見ていなければまったく気づかない。カタログ燃費は21. 3km/L(JC08モード)と数値だけ見れば見劣りするが、高速メインとなると実燃費は20km/L台も可能そうだ。

それでいて、何よりも乗りやすい。下からグイグイ加速する。トルクは250N・m、ポロGTIと同値というから推して知るべしだ。

「ブルー」と「GT」って、なんだか矛盾するような言葉の組み合わせを見事に体現している。VWにもハイブリッドシステムはある。ただし、重くて高価なそれを、運動性能を犠牲にしてまで、こうした小型車に積むようなことはしない。道をよく知るメーカーの見識だ。

GTIゆずりとなるスポイラーやリアディフューザーなどを装着し精悍な外観。15mm低められたスポーツサスペンションも備える

GTIゆずりとなるスポイラーやリアディフューザーなどを装着し精悍な外観。15mm低められたスポーツサスペンションも備える

専用レザーステアリングやグレーステッチなどを採用。また、ポロでは唯一、ブルーGTだけがクルーズコントロールを備える

専用レザーステアリングやグレーステッチなどを採用。また、ポロでは唯一、ブルーGTだけがクルーズコントロールを備える

テーマカラーであるブルーを用いたアルカンターラ&ファブリックの専用スポーツシートを採用。その他グレードとの差別化を図っている

テーマカラーであるブルーを用いたアルカンターラ&ファブリックの専用スポーツシートを採用。その他グレードとの差別化を図っている

SPECIFICATIONS
グレードBLUE GT
駆動方式FF
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)3995×1685×1450
ホイールベース(mm)2470
車両重量(kg)1170
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1394
最高出力[ps/rpm]140/4500-6000
最大トルク[N・m/rpm]250/1500-3500
車両本体価格(万円)263
Tester/藤野太一 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027