新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレー コルベット (渡辺敏史)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

シボレー コルベット (渡辺敏史)【海外試乗】 / navi

(2013/10/28)

シボレー コルベット|海外試乗

内装の質感やシートといったところも、今日的なヨーロピアンスポーツと充分に比するものへとアップデートされた。が、内包するメカニズムにはコルベットのワン&オンリーがしっかり宿っている。そのロマンに気持ちが移入出来る人にぜひ乗っていただきたい

伝統を継承しつつ、洗練された速さの「質」

伝統的エンジニアリングを継承

今年、60周年の時を迎えた世界最長寿のスポーツカー。コルベットは先代にあたるC6世代でFIA-GT選手権での常勝が認められ、ハイパフォーマンススポーツの世界でも一目置かれる存在となった。

フルモデルチェンジのC7に求められるのは当然ながら先代を上回る=世界一線級の速さを持つリアルスポーツの資質だ。が、一方でアメリカンクーペとしての「らしさ」を求めるファンが多くいることは、その歴史ゆえでもある。

難しいハンドリングを迫られる中、C7はコルベットの伝統的なエンジニアリング、つまりV8 OHVや横置きリーフのユニークなサス、そしてフルフレーム構造などを継承した。

苦悩の決断かと思いきや、開発陣にとっては議論の俎上にもなかったというから、彼らはこのソリューションに絶対的な自信を持っていることになる。無論それらは今日的な技術でアップデートされているが、半世紀以上前に編み出された技術が911やGT-Rを脅かすというところに、マニアの昂ぶりがあることは言うまでもない。

コルベット以外の何物でもない

C7は単に速いだけではなく、速さの質が驚くほどに洗練されている。適切なパッケージとパワーでごりごりコーナーを削り取るのがC6だとしたら、C7はその所作を裏漉ししたかのように細やかで、そのぶんフィードバックにもガツンとくるような痛さがない。

ごく低速域でこそ硬さを感じるライドフィールも速度域が高まれば実にしなやかで、スポーツモードでも乗り心地に長けている感すらある。

加速にしても旋回にしても確実に速くコントローラブルになったぶん、人と車の生々しい格闘感が薄まったのは事実だ。が、眼前に広がるロングノーズならではの美しい景色とV8の豪快な吹け上がりからなる高揚感はやはり特別だ。なにより、降りてその姿をみれば、それはコルベット以外の何物でもない。

オールアルミフレームなどの恩恵により、旧型と比べて45kgの軽量化に成功。エンジンフードやルーフはカーボンが用いられた

オールアルミフレームなどの恩恵により、旧型と比べて45kgの軽量化に成功。エンジンフードやルーフはカーボンが用いられた

旧型とは打って変わり、フルラップレザーのダッシュボード。カーボンやアルミニウムなどを用いた豪華なインテリアに

旧型とは打って変わり、フルラップレザーのダッシュボード。カーボンやアルミニウムなどを用いた豪華なインテリアに

ポルシェとレカロをベンチマークとし、サポート性を追求し開発されたバケットシートを採用している。骨格はマグネシウム製だ

ポルシェとレカロをベンチマークとし、サポート性を追求し開発されたバケットシートを採用している。骨格はマグネシウム製だ

SPECIFICATIONS
グレードCOUPE
駆動方式FR
トランスミッション7MT
全長×全幅×全高(mm)4495×1880×1230
ホイールベース(mm)2710
車両重量(kg)1499
乗車定員(人)2
エンジン種類V8OHV
総排気量(cc)6153
最高出力[ps/rpm]460/6000
最大トルク[N・m/rpm]624/4600
Tester/渡辺敏史 Photo/ゼネラルモーターズ・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
6500ものパーツを刷新し、新型Sクラスは別の車へと生まれ変わった(2017/12/17)
スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売(2017/12/14)
デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た(2017/12/08)
新型リーフは先代に比べて良くなったし、航続距離もそこそこ延びた。しかし、アームレストは微妙だ(2017/12/02)
マイチェンで安心感がアップ。スズキ SX4 S-CROSSは乗れば乗るほど味が出る車である(2017/11/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027