新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレー コルベット (西川淳)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

シボレー コルベット (西川淳)【海外試乗】 / navi

(2013/11/04)

シボレー コルベット|海外試乗

世界レベルになったがゆえ選ぶ人のワガママ度は少し下がる。それでもまだまだワガママだと思う理由は、コルベットという名前とそれに見合ったスタイリングが魅力として残っているからだ。コルベットの世界観と最新モデルの心地よさがオーナーをその気にさせる

ローカルヒーローが一気に世界の雄へ!

欧州プレミアムブランドに負けないスポーツカー性能を獲得

日本では諸事情により使えない名前だけれども、本国では“スティングレイ”が帰ってきたと大いに話題に。C1から初代スティングレイのC2へモデルチェンジしたときがそうであったように、このC7もまた、C4・C5・C6と、非スティングレイとして三世代続いたコンセプトを一新し、大変身を遂げたというあたりが、その意味するところだと言えそうだ。

何が変わったのか。もちろん、スタイルもナカミも大きく変わっているが、答えはもっと本質、つまりはスポーツカーとしてのパフォーマンスにある。

結論から言うと、新型コルベットは、ヨーロッパのプレミアムブランドに負けない最新レベルのスポーツカー性能を獲得した。先代C6の、例えばZR1レベルの質感をも上回るライドクォリティを手に入れたのだ。そして、そのナカミを表現するにふさわしい内外装デザインとしたことで、このローカルヒーローは、今や世界の雄にふさわしいモデルになった。

一線どころか二線三線を画している

とにかく、乗り心地から全開加速まで、これまでのコルベットテイストとは一線どころか二線三線を画している。

特に、オプションのZ51パッケージの仕上がりが素晴らしい。ノーマルモードでのクルージングが眠たくなるほどのサルーンテイストかと思えば、トラックモードでの全力走行はレーシングカーライクな獰猛さ。エグゾーストノートは暴力的で、ハンドリングは軽快のひとこと。車がとても小さく思えてしまうあたり、もうコルベットとは思えない(そこが玉にキズだったりするのだけど)。

ノーマル仕様は高いボディ&シャシー性能に守られて、ほとんどラグジュアリーGTカー風味。プロムナードカーとしてならノーマルでもいいが、最新スポーツカーとしてなら問答無用でZ51だ。レブコントロール付きの7MTも選べるけれど、パワーあり過ぎなので6ATがオススメ。

特徴的なセンター4本出しマフラーを採用。5種類の走行モードが選択できるドライブモードセレクターが備わり、走りをより追及できるようになった

特徴的なセンター4本出しマフラーを採用。5種類の走行モードが選択できるドライブモードセレクターが備わり、走りをより追及できるようになった

エンジンをドライサンプ化し専用の足回りをもつZ51パフォーマンスパッケージもラインナップ。ヨーロッパのプレミアムブランドにひけをとらない仕上がりだ

エンジンをドライサンプ化し専用の足回りをもつZ51パフォーマンスパッケージもラインナップ。ヨーロッパのプレミアムブランドにひけをとらない仕上がりだ

直噴V8エンジンには気筒休止システムも採用。エコモードを用いればアメリカ車にして12km/L以上と燃費も大幅に向上

直噴V8エンジンには気筒休止システムも採用。エコモードを用いればアメリカ車にして12km/L以上と燃費も大幅に向上

SPECIFICATIONS
グレードCOUPE
駆動方式FR
トランスミッション7MT
全長×全幅×全高(mm)4495×1880×1230
ホイールベース(mm)2710
車両重量(kg)1499
乗車定員(人)2
エンジン種類V8OHV
総排気量(cc)6153
最高出力[ps/rpm]460/6000
最大トルク[N・m/rpm]624/4600
Tester/西川淳 Photo/ゼネラルモーターズ・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027