新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ S63AMG (渡辺敏史)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ S63AMG (渡辺敏史)【海外試乗】 / navi

(2013/11/07)

メルセデス・ベンツ S63AMG|海外試乗

見る人が見ればわかるという程度の控えめなコスメティック、気づけば上質ななめしが加えられた革の肌触り、ひと手間加えられたトリム類の仕立て…と、Sクラスとはひと味違う微妙な差異。AMGの仕事とユーザーの満足感との間には、大人の関係が見事に成立している

そのただならぬ洗練度こそがAMGの真骨頂

一度知ってしまうと離れられない

日本でもっとも売れている2000万円級銘柄といえば間違いなくS63AMGだろう。その数、モデルチェンジ直後のピークでは年間軽く500台以上というからバケモノとしかいいようがない。

日本人がそこまでAMGを好む理由はよくわかる。意地悪ないい方をすれば、それは一番上等なSクラスであるからだ。ライバルに伍するか上回るかという圧倒的なパフォーマンスをおくびにも出さず、平然と普段使いに仕立てる。この芸幅の広さと懐の深さを一度知ってしまうと離れられない。

実際、新しいS63AMGも見事にそういう車に仕上がっている。

ラグジュアリー&スポーツとしてのただならぬ洗練度

ボディ形状はロングのみ、駆動方式はFRに加えて4マチックを用意し、585psに達するM157型V8ツインターボをドライブする。0-100km/h加速はその4マチックで4秒フラットというから、その数字はもはやスーパースポーツの範疇だ。

が、日常域でのS63AMGは拍子抜けするほど穏やかでしなやかで滑やかだ。操作系のコントロール性に刺々しいところは一切なく、乗り心地に至っては標準車よりむしろ優れているのではと思わせる場面もあるほどだ。もちろん、安全・快適装備に関しても基準車のそれは全て実装されている。

無論、しかるべき意志で走らせれば、車体は水を得た魚のように走る。軽量化されたボディと4マチックシステムはその有り余るパワーを充分に体感させてくれる。気づけばとんでもなく速い。が、その速さにすら馴染みのよさがある。

ラグジュアリー&スポーツとしてのただならぬ洗練度こそがAMGの真骨頂というわけだ。

快適な乗り心地を生み出す「マジックボディコントロール」をベースとしたAMGスポーツサスペンションが採用されている

快適な乗り心地を生み出す「マジックボディコントロール」をベースとしたAMGスポーツサスペンションが採用されている

インテリアはシートやパネルに上品なダイヤモンドステッチを施したフルレザー仕様。新形状となるAMGスポーツシートも備わる

インテリアはシートやパネルに上品なダイヤモンドステッチを施したフルレザー仕様。新形状となるAMGスポーツシートも備わる

V8ツインターボはさらに改良され、これまでと比べ41ps/100N・mアップし585ps/900N・mとなった。さらに燃費も向上している

V8ツインターボはさらに改良され、これまでと比べ41ps/100N・mアップし585ps/900N・mとなった。さらに燃費も向上している

SPECIFICATIONS
グレードS63AMG
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)5287×1915×1499
ホイールベース(mm)3165
車両重量(kg)
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)5461
最高出力[ps/rpm]585/5500
最大トルク[N・m/rpm]900/2250-3750
車両本体価格(万円)2340
Tester/渡辺敏史 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027