新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Sクラス (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス (島下泰久)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/11/14)

メルセデス・ベンツ Sクラス|ニューモデル試乗

セダンの王道でありながら、持ち前のフォーマルさだけでなくゴージャスで“エロい”魅力まで強調してきた新型Sクラス。こうなったら単に仕事がデキるだけじゃなく、遊びもスマートにこなす御仁に乗りこなしていただきたい!

先進的でかつ伝統的、フォーマルにしてゴージャス

伝統と先進が一体となったエクステリア

まず感心した、というか気に入ったのは実はエクステリアのデザインだ。最新のメルセデスのデザイン、あまりピンとこないなと正直思っているのだが、このSクラスに関しては、伝統的様式と新しく目指した方向性が一体となって溶け合っていて、ひと目でイイなと思った。

対してインテリアは写真で見たときには素晴らしいと思ったけれど、実際にはオーバーデコレーションな感じ。空調ダクトがウインドウに映り込んだり、ステアリングでメーターが見にくかったりというのは、メルセデスらしくない。

触れないわけにはいかないのが先進のドライバー支援技術、そして安全装備の充実ぶりだ。ほとんどが実は新型Eクラスに先行採用されてしまったのだが、それこそSクラス登場まで出し惜しみしなかったあたりも含めて、すごみを感じさせるのが、さすがメルセデスだとも言える。

想像以上に攻めの進化を遂げてきた

走りっぷりは端的に言って静かで滑らか。ワインディングロードでの一体感ある振る舞いには感動させられたが、一方で快適性には不満も残った。今回乗った車両は低速域でコツコツとした硬さがあり、速度を上げてもちょっと浮き足立った感じがあった。

AMGスポーツパッケージになるとタイヤ銘柄の違いか随分緩和されたが、いずれにしてもまだ100%満足とは言えない。

それでも新型Sクラスが、想像以上に攻めの進化を遂げてきたことは間違いない。この若々しさには、今のメルセデスの勢いが端的に表れているように思う。

最初の衝撃も大きいが、その事実がまたじわじわと迫ってくるのだ。

灯火類はすべてLEDを採用。内外装に500個近くが使われる。リアコンビランプは後続車に配慮し明るさの増減が可能に

灯火類はすべてLEDを採用。内外装に500個近くが使われる。リアコンビランプは後続車に配慮し明るさの増減が可能に

インテリアはダッシュボードからシート、そしてドアまで流れるような一体感のあるデザインコンセプトが採用された。フォーマルにしてゴージャスさを漂わせる

インテリアはダッシュボードからシート、そしてドアまで流れるような一体感のあるデザインコンセプトが採用された。フォーマルにしてゴージャスさを漂わせる

旧々型から採用されているシートのマッサージ機能に、温熱機能を備えたホットストーン式マッサージを追加。計6種類のパターンから選べる

旧々型から採用されているシートのマッサージ機能に、温熱機能を備えたホットストーン式マッサージを追加。計6種類のパターンから選べる

SPECIFICATIONS
グレードS550 long
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)5250×1900×1495
ホイールベース(mm)3165
車両重量(kg)2180
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4663
最高出力[ps/rpm]455/5250-5500
最大トルク[N・m/rpm]700/1800-3500
車両本体価格(万円)1535
Tester/島下泰久 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027