新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ プレマシー 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ プレマシー 【マイナーチェンジ】 / navi

(2007/11/19)

このクラスではトップレベルの低燃費、走りも楽しみたいお父さんにオススメ

(Tester/高山正寛 Photo/尾形和美)
コンセプト
内外装をスポーティに変更、FF車は全グレード5AT化
マツダ プレマシー フロント|ニューモデル試乗マツダ プレマシー リア|ニューモデル試乗マツダ プレマシー インパネ|ニューモデル試乗
欧州でも“MAZDA5”の名前で高い評価を受けているプレマシー。今年1月末に新開発の直噴エンジン+5ATを追加したばかりだが、これを生かしつつ、内外装を中心に大幅なマイナーチェンジを行った。また懸案とされていた23Sも5ATに換装されたことで、FF車は全グレード5ATとなった。
ドライブフィール
ハンドリングの確かさと環境性能をうまくバランス
マツダ プレマシー フロントシート|ニューモデル試乗マツダ プレマシー リアシート|ニューモデル試乗マツダ プレマシー パドルシフト|ニューモデル試乗
プレマシーはスライドドアという重量物を装着しながらも、コーナリングの確かさや高速域でのブレーキングなどの安定感は高いレベルをもつ。1月の一部改良で追加されたスポーティ仕様の20Zは17インチタイヤを履くが、路面からの突き上げもうまくいなしているのが印象的だ。

また走りとは直接関係ないが、やっとプレマシーにも最新のG-BOOK ALPHA対応HDDカーナビが設定されたこともニュースだ。さらにこのナビと組み合わされる「駐車支援システム」はフロント、サイド、リアにそれぞれカメラを搭載し、利便性を高めている。また20Zは23Sに比べ10・15モード燃費が3.0km/L優れ、さらにレギュラー仕様という点もガソリン高騰化の時代には、いい選択肢と言えるだろう。
主要諸元のグレード 20Z
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4565×1745×1615
ホイールベース(mm) 2520
車両重量(kg) 1490
乗車定員(人) 7
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力[kW(ps)rpm] 111kW(151ps)/6200rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 193N・m(19.7kg-m)/4000rpm
10・15モード燃費(km/L) 15.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/60
車両本体価格 219万5000円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027