新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ クラウンマジェスタ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ クラウンマジェスタ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/12/04)

トヨタ クラウンマジェスタ |ニューモデル試乗

現行型クラウンシリーズと同様、大きく特徴的なフロントグリルやリアランプを採用。写真はオプションの18インチタイヤを装着している

トヨタブランドの最高峰がハイブリッド専用車に

ついついボディの長さを忘れる取り回しの良さ

クラウンの最高峰であり、トヨタブランドの最高級モデルでもあるクラウンマジェスタ。6代目となりハイブリッド専用車両に生まれ変わった。

クラウンロイヤルをベースにホイールベースを75mm延長し、先代に比べるとお抱え運転手が運転するショーファードブリン色が強くなった。ストレッチしたのはBピラー後部。わずか75mmだが後席はそれ以上に広さを感じた。

試乗したのは最上級のFバージョンの17インチ仕様と18インチ仕様。見た目では、断然18インチがカッコイイ。ロングホイールベースになった分、ホイールを大口径化しても堂々とした風格が保たれている。ドライバーズカーとして乗りたくなる出で立ちである。

一方ドライビングフィールだが、サスペンションのセッティングが意外なほど引き締められており、ストレッチした車にありがちな緩さは感じない。

内輪差やドアミラーに映る後部に違和感がなく、ついついボディの長さを忘れる。見切りの良さ、取り回しの良さ、どちらもクラウンのそれだ。

ドライバーズカーなら18インチ仕様が適役

高速道路での表情は、ショーファードリブンよりむしろドライバーズカーである。

4Lオーバーの旧型に比べ、ダウンサイジングしたとはいえエンジンは3.5Lもある。しかもモーターの恩恵で、加速とエンジンサウンドはスポーティな要素を十分有する。ただし、乗り心地という点においては18インチ仕様は路面の段差を超えたときの振動が気になった。

その点、外見のおとなしい17インチ仕様は、同じような状況でも振動が一呼吸遅れて心地よく伝わってくる。乗り心地はクラウンロイヤルに近似しており、安心感がある。

個体差もあるだろうが、わずか1インチの違いで車の性能や性格が変わることがよく分かる。ドライバーズカーなら18インチ、ショーファードリブンならば17インチが良いのだろうと思う。

標準グレードのシートはファブリック、Fバージョンは本革シートを標準装備する。色はブラックとフラクセン(写真)の2タイプが用意される

標準グレードのシートはファブリック、Fバージョンは本革シートを標準装備する。色はブラックとフラクセン(写真)の2タイプが用意される

Fバージョンは後席シートヒーターを標準装備。なお、プリクラッシュセーフティシステムなどの安全装備もFバージョンには標準装備される

Fバージョンは後席シートヒーターを標準装備。なお、プリクラッシュセーフティシステムなどの安全装備もFバージョンには標準装備される

3.5L V6+モーターのハイブリッドシステム、18.2km/LのJC08モード燃費など、レクサス GS450hと同様のスペックとなる

3.5L V6+モーターのハイブリッドシステム、18.2km/LのJC08モード燃費など、レクサス GS450hと同様のスペックとなる

SPECIFICATIONS
グレードマジェスタマジェスタ Fバージョン
駆動方式FR
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4970×1800×1460
ホイールベース(mm)2925
車両重量(kg)20852105
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC+モーター
総排気量(cc)3456
最高出力[kW(ps)rpm]215(292)/6000+147(200)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]354(36.1)/4500+275(28.0)
JC08モード燃費(km/L)18.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/65
車両本体価格(万円)610.0670.0
Tester/松本英雄 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027