新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ CX-5 (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ CX-5 (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/12/13)

マツダ CX-5|ニューモデル試乗

発売から2年近く経ち、ヨーロッパで鍛え抜かれたマツダの技術陣は見た目よりも中身のあるマイナーチェンジを実施してきた。サスペンションの変更や2.5Lガソリンエンジン車の投入である。今回試乗した2.5S L Packageはディーゼルモデルが販売台数の8割を占める中、ガソリン車の魅力を引き出すために投入されたモデルだ

新しいダンパーの恩恵に対し、2.5LガソリンエンジンとATの統合制御が課題

少しの部品変更で大きな効果

2年前にCX-5を試乗したのは箱根であった。高さがあるSUVにしてハンドリングはスポーティ。これはイイと思った。しかしその後じっくり市街地で試乗した際にリアのハッチのバイブレーションが気になった。

ゆっくりとうねった道では見事に抑えられる振動も、細かな凸凹になるとジャブのようにリアの大きな開口部にはこたえるのだ。

走りのマツダに、若干だが“いなし”のマツダを投入したばかりであったことを鑑みれば仕方がないといえる。

2年経過し、サスペンションの変更をしたことで何が決定的に変わったのかを先にお伝えしたい。その弱点のリアダンパーを小さな入力に対してもちゃんと動かし、出来るだけ早く振幅を軽減するようなセッティングに変えた。

新しいダンパーによる恩恵は大きい。これが実に効果的であり、リアハッチの剛性を高めるよりもコスト的にも結果として有利である。

以前あったバイブレーションは一掃され、走りの質感を向上させている。コーナリングでは、リアの沈み込みとフロントのスタビライザー変更で向上した接地感により、マツダイズムをスポイルしないセッティングとなっていて好感が持てる。少しの部品で走りの質は確実に変わった。

トルクフルなエンジンとATの統合制御がカギ

これを機に投入した2.5Lガソリンエンジンはディーゼルの得意とする低速域からの太いトルクに対抗すべく、電子スロットルのプログラミングを意図的に変更してトルクをモリモリと感じるようにしてある。

少し踏んだだけでもググッと力強く車を引っ張る。これが良いかどうかはセッティングをしたエンジニアが一番分かっていることだが、かえって乗りにくくしているようにも感じる。滑らかさはよりはギクシャク感があった。

排気量を大きくする利点は、滑らかでトルクフルな走りを実現できる点であろう。それを念頭に置いたATとの統合制御がよりいっそう求められる。8割がディーゼルモデル購入者というCX-5、ガソリン車の走りについても、さらなる磨き上げに期待したい。

今回の変更点のひとつがシフトゲート。レザーで覆い、最近のマツダ車に沿った意匠が取り入れられていて高級感も質感も向上した

今回の変更点のひとつがシフトゲート。レザーで覆い、最近のマツダ車に沿った意匠が取り入れられていて高級感も質感も向上した

今まで2Lのみだったガソリン車に、太いトルクを持つ2.5Lが新たに加わった。JC08モード燃費は4WDのモデルで14.6km/Lを記録する

今まで2Lのみだったガソリン車に、太いトルクを持つ2.5Lが新たに加わった。JC08モード燃費は4WDのモデルで14.6km/Lを記録する

写真のレザーシートは25S L Packageに標準装備される。さらにL Packageには専用の音響チューニングをほどこしたBOSEのサウンドシステムが搭載される

写真のレザーシートは25S L Packageに標準装備される。さらにL Packageには専用の音響チューニングをほどこしたBOSEのサウンドシステムが搭載される

SPECIFICATIONS
グレード25S25S L Package
駆動方式4WDFF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4540×1840×1705
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)154015501480
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)2488
最高出力[kW(ps)rpm]135(184)/5700138(188)/5700
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]245(25.0)/4000250(25.5)/3250
JC08モード燃費(km/L)14.615.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/58レギュラー/56
車両本体価格(万円)253.05281.40260.40
Tester/松本英雄 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027