新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アクセラ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ アクセラ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/12/18)

マツダ アクセラ|ニューモデル試乗

ボディタイプは5ドアハッチバックとセダンの2種類。イメージカラーはソウルレッドプレミアムとなるが、その他にも7色の展開がある

もっともバリューが高いといえるSKYACTIV-G1.5

ATもMTも、それぞれ絶妙のマッチング

11月発売開始の1.5Lガソリンとハイブリッド、来年1月発売開始のディーゼル仕様のMTとAT、来春に発売予定の2LガソリンのMT、合計7タイプに試乗した。

その中でも最もバリューが高いのは、200万円を切るモデルが主流となるSKYACTIV-G1.5だ。エンジンは1.5Lとは思えないほどスムーズ。トルクも必要にして十分だ。

特に小気味の良いシフトフィールの6MTはエンジンサウンドと相まってスポーティに走らせると楽しい。動きが機敏で、サスペンションバランスも落ち着いている。ATも1.5Lエンジンとのマッチングが良い。MTと違う点は、より通常走行に照準が合っているところだ。

一方、2L仕様は余裕のあるトルクと上品なエンジンフィールでどんなシチュエーションでも軽やかにこなす。来春発売のMTは欧州車風で、トルクを生かしたダイレクトな走りを楽しむ人向けの味付けだ。

ハイブリッドにはマツダ独自の考えをプログラミング

セダンのみに設定されるハイブリッドは、圧縮比を高めた2LエンジンにトヨタのHVシステムを組み合わせたもの。プログラミングはマツダ独自の考え方が投入されている。

走り出しは極めて滑らか。エンジニア曰く、エンジンが始動したかどうかが分からないぐらい滑らかに制御したとのこと。

しかし、モーターのみからエンジン併用の瞬間にトルクを逃がすようにして切り替わり時の滑らかさを保っているので、一瞬トルク不足に陥る。ガソリンエンジン仕様がもつスポーティさよりも燃費重視のセッティングと言える。

シリーズ中、最もホットなモデルは2.2Lディーゼルエンジンを搭載したSKYACTIV-D2.2のMTだ。このサイズのモデルに、4Lクラスのガソリンエンジンに相当するトルクを発生させているのだから凄い。

追い越し加速はマッスルカーのようである。ATモデルはアテンザ同様にエンジンサウンドが心地よくATとのマッチングも素晴らしい。

セダンは1.5Lガソリン仕様とハイブリッドのみとなる。なお、ハイブリッドにはトヨタのHVシステムが導入されている

セダンは1.5Lガソリン仕様とハイブリッドのみとなる。なお、ハイブリッドにはトヨタのHVシステムが導入されている

シートカラーはブラックが基本だが、スポーツの20S ツーリングLパッケージとセダンのHYBRID-S Lパッケージはオフホワイト(写真)も選べる

シートカラーはブラックが基本だが、スポーツの20S ツーリングLパッケージとセダンのHYBRID-S Lパッケージはオフホワイト(写真)も選べる

ハッチバックのアクセラスポーツのラゲージは後席背面を倒すことで大きな荷物も積める。通常時の容量は約350L、最大で約1334Lとなる

ハッチバックのアクセラスポーツのラゲージは後席背面を倒すことで大きな荷物も積める。通常時の容量は約350L、最大で約1334Lとなる

SPECIFICATIONS
グレードセダン 15Cハッチバック 20Sハッチバック XDセダン HYBRID-S L Package
駆動方式FF
トランスミッション6ATCVT
全長×全幅×全高(mm)4580×1795×14554460×1795×14704580×1795×1455
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1270131014501390
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1496199721881997
最高出力[kW(ps)rpm]82(111)/6000114(155)/6000129(175)/450073(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]144(14.7)/3500196(20.0)/4000420(42.8)/2000142(14.5)/4000+207(21.1)
JC08モード燃費(km/L)19.619.0-30.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/51軽油/51レギュラー/45
車両本体価格(万円)171.15220.5298.2262.5
Tester/松本英雄 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027