新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ RS6アバント (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アウディ RS6アバント (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/12/19)

アウディ RS6アバント|ニューモデル試乗

新型はただ速いだけでなく、低負荷時にエンジンを8気筒から4気筒に切り替えて効率を向上させるシリンダー オン デマンドを搭載。JC08モードで10.4km/Lの省燃費を実現した。環境意識の高い知的なスポーツマンにこそふさわしい

振り回す歓びが増したハイパフォーマンス“クワトロ”

V10ツインターボからV8ツインターボへ進化

新型RS6アバントのエンジンが先代のV10ツインターボからV8ツインターボに載せ替えられたことについて「スペックダウンじゃん」と思っている人が少なくないようだが、それはアナクロな捉え方だ。

実はシリンダー数だけじゃなく最高出力も580psから560psに“後退”したが、0→100km/h加速は先代の4.5秒から3.9秒へと大幅な進歩を遂げている。4秒前後の0→100km/h加速タイムでコンマ6秒も速いなんて、1クラスどころか2クラスは確実に違うパフォーマンスだ。

なんで新型がこんなに速いかといえば、最大トルクが650N・mから700N・mへと一段と図太くなり、2100kgの車重は2040kgへと60kgものシェイプアップに成功し、ギアボックスが6ATから8ATへと一足飛びに進化したからだ。それでもアナタは、やっぱりV10を積んだ先代RS6がいいと思うのだろうか?

抜群のバランスのよさこそ最大の魅力

路上で走らせてみても、新型の進歩ぶりはしっかりと体感できる。この手のハイパフォーマンスカーの中でもRS6の乗り心地は硬いほうだが、それでも突き上げ時のショックは角がとれてややマイルドになった。

スポーツドライビング時のハンドリングのよさ、そして軽快感も新型のほうが上。進入時の軽いアンダーステアを見込んでステアリングを早めに切り始めれば素直にターンインしてくれるし、富士ショートコースのS字コーナーではふたつ目の左コーナーで華麗な4輪ドリフトを決めてくれた。

もはやドラッグスターのような加速感だけが売り物じゃない。抜群のバランスのよさこそ、新型の最大の魅力なのだ。


RS専用のバンパーやディフューザー、そしてマットアルミやハイグロスブラックの専用パーツカラーなどで精悍な印象となっている

RS専用のバンパーやディフューザー、そしてマットアルミやハイグロスブラックの専用パーツカラーなどで精悍な印象となっている

高級感だけでなく、アルミ調やピアノブラックのパーツに合わせられたカーボン調パネルでスポーティさを感じるインテリア

高級感だけでなく、アルミ調やピアノブラックのパーツに合わせられたカーボン調パネルでスポーティさを感じるインテリア

サーモマネージメントシステムを備え、旧型比で燃費を約76%も向上。4気筒時の振動を抑えるアクティブエンジンマウントも採用されている

サーモマネージメントシステムを備え、旧型比で燃費を約76%も向上。4気筒時の振動を抑えるアクティブエンジンマウントも採用されている

SPECIFICATIONS
グレードRS6 Avant
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4980×1935×1480
ホイールベース(mm)2915
車両重量(kg)2040
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)3992
最高出力[ps/rpm]560/5700-6700
最大トルク[N・m/rpm]700/1750-5500
車両本体価格(万円)1520
Tester/大谷達也 Photo/アウディ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027