新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ 918スパイダー (島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ポルシェ 918スパイダー (島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2013/12/25)

ポルシェ 918スパイダー|海外試乗

往年の959やカレラGTなど、ポルシェは何年かおきに、未来へ繋がる技術を先取りしたモデルを世に送り出している。918スパイダーも、間違いなくその系譜にある1台。そう、何しろ未来を垣間見られるのだ。それはもう選ぶ理由としてワガママ以外の何者でもないだろう

知性で御する電気仕掛けの野獣

最先端技術が切り拓いた新しい走りの世界

ニュルブルクリンク北コースにて市販車最高の6分57秒というラップタイムを打ち立てたポルシェ918 スパイダーは、単に速いだけではない。満載の最先端技術が切り拓いた新しい走りの世界こそ、実は最大の魅力なのだ。

CFRP製のシャシーにミッドマウントされたV型8気筒4.6Lエンジンに前後1基ずつの電気モーターを組み合わせてシステム最高出力887psを発生するプラグインハイブリッド・パワートレインは5つのモードをもつ。EVのまま0-100km/hを7秒で駆け抜けるE-パワーモードから、エンジンとモーターのすべての力を叩きつけて速さに繋げるホットラップモードまで、様々な特性を選ぶことができる。

鮮烈な新時代の走りの体験

もちろん普通に走らせるだけでも刺激は凄まじい。前輪をモーター駆動するフルタイム4WDのおかげであふれるパワーを臆せず使えるし、コーナリングの限界も容易には垣間見ることもできない。

しかし本気でサーキットで1周の最速タイムを狙うなら、それだけじゃ足りない。どこで最大限のエネルギーを放出させるか、強力なエネルギー回生を行うブレーキの使い方まで含めて頭を使って走らせる必要がある。つまりドライビング技術に知性も動員すれば、さらに奥深い楽しみが待っているというわけだ。

実は今回の試乗、スペインはバレンシアまで赴いたのに、全長4㎞のサーキットをたった6周という短時間のものだった。けれども、その新時代の走りの体験は鮮烈で、おそらく十数分程度の時間が、きわめて濃密なものとしてカラダとアタマに刻み込まれたのだった。

ルーフパネルは手動の脱着式を採用している。外したパネルはフロントのラゲージスペースに収納することができる

ルーフパネルは手動の脱着式を採用している。外したパネルはフロントのラゲージスペースに収納することができる

運転に必要なスイッチ類をステアリング周辺に、情報を3連メーターに集約。快適装備などはセンターコンソールに配した

運転に必要なスイッチ類をステアリング周辺に、情報を3連メーターに集約。快適装備などはセンターコンソールに配した

エグゾーストパイプのテールエンドをエンジン真上に配置。エンジンルーム内の冷却性に優れ、バッテリー強制冷却にも効果を発揮する

エグゾーストパイプのテールエンドをエンジン真上に配置。エンジンルーム内の冷却性に優れ、バッテリー強制冷却にも効果を発揮する

SPECIFICATIONS
グレード918 SPYDER
駆動方式4WD
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4643×1940×1167
ホイールベース(mm)2730
車両重量(kg)1640
乗車定員(人)2
エンジン種類V8DOHC
総排気量(cc)4593
最高出力[ps/rpm]887
最大トルク[N・m/rpm]917-1280
車両本体価格(ユーロ)684,800
Tester/島下泰久 Photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027