新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/12/27)

トヨタ クラウンマジェスタ |ニューモデル試乗

軽快で扱いやすい味付けとなる標準のN-WGN。対して力強くきびきびとした味付けのカスタムGターボパッケージ。どちらもホンダ車を望むユーザーの好む「スポーティーさ」を念頭に置いている

スポーティな味付けを望むホンダ車ユーザーへの1台

扱いやすさに重点を置いた標準のN-WGNの味付け

まずNAエンジン+CVTのN-WGN Gに乗った。走りはキビキビというより、扱いやすさを念頭に置いた味付けだ。

ステアリング操作は軽く、極めて軽快。だが、この扱いやすさと裏腹に、街中の乗り心地は少々硬めだ。特に荷重が少ないリアには、その硬さが顕著に表れる。

この背景には、ホンダ車を望むユーザーが、スーパーハイトワゴンであろうがスポーティな味付けを好む、というのがある。エントリーグレードであるGはスタビライザーが非装着なため、ロールを硬めのスプリングとダンパーで抑えている。

だがサイドウォールの柔らかなタイヤだけでは道路のつなぎ目を補いきれない。足回りの硬さが、リアハッチ部分の剛性の甘さまで露呈させてしまうのだ。もっとも荷物や乗員による荷重が増せば乗り心地は改善し、高速走行での安心感もある。

カスタムGターボパッケージの足回りは秀逸

次にターボエンジンを搭載したカスタムG・ターボパッケージに乗る。走り出しから力強い。低中回転領域で最大トルクを発生し、キビキビ走ることに重点を置いた味付けだ。

加速性能を重んじ、最終減速比はNAよりローギヤードだ。ステアリングは専用セッティングで、低速でもしっとりとした重みがあり高級感が漂う。

この重み=手応えは、高速道路では不安を取り除いてくれる。カスタムターボの注目ポイントはサスペンションのセッティングだ。段差を越える時も“タタン”と心地よく通過する。これはサスペンションがちゃんと利いている証拠だ。専用のスプリングとダンパーは伊達じゃない。

動きが機敏でロールが少ないのはスタビライザーの効果だ。価格はカスタム Gと比べ約20万円ほど高くなるが、この乗り心地とハンドリング、性能からすると決して高くない。基本骨格が良質だと軽自動車とはいえクラスを超えたフィーリングになる良い例なのである。

右が標準系のN-WGN。左がN-WGNカスタム。専用装備品だけでなくフロントマスクのデザインでそれぞれの個性を演出している

右が標準系のN-WGN。左がN-WGNカスタム。専用装備品だけでなくフロントマスクのデザインでそれぞれの個性を演出している

インパネはN-WGN(写真)がブラック+ベージュ、カスタムはブラック+バーガンディとなる。また、シートカラーはN-WGNがベージュ、カスタムがブラックだ

インパネはN-WGN(写真)がブラック+ベージュ、カスタムはブラック+バーガンディとなる。また、シートカラーはN-WGNがベージュ、カスタムがブラックだ

カスタムG ターボパッケージにメーカーオプションで用意される15インチホイールを装着した場合はJC08モード燃費が24.0km/Lになる(2WDの場合)

カスタムG ターボパッケージにメーカーオプションで用意される15インチホイールを装着した場合はJC08モード燃費が24.0km/Lになる(2WDの場合)

SPECIFICATIONS
グレードGG・Aパッケージカスタム G・ターボパッケージ
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16553395×1475×1675
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)820870910
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/4700104(10.6)/2600
JC08モード燃費(km/L)29.226.024.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)113.1125.0163.0
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027