新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 GT-R/GT-R NISMO (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

日産 GT-R/GT-R NISMO (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/01/10)

日産 GT-R/GT-R NISMO|ニューモデル試乗

GT-Rの2014年モデル。写真は最上級グレードのプレミアムエディション。フロントまわりでは稲妻の閃光をイメージした新デザインのLEDポジションランプが新採用されている

成熟したグランツーリスモの片鱗を感じる1台

日産車の中でも最も哲学が明確なモデル

2014年モデルは「洗練された速さを追求した大人が楽しめるGT-R」をテーマに開発されたという。

だが、一般道で試乗した限りでは、60km/h以下での路面のうねりに対してはハンドリングに影響が出る。要するに轍でステアリングが大きく取られるのだ。2013年モデルに比べれば、ハンドリングの修正量が少なくなったが、まだ気になる部分がある。

しかしそれに比べ、高速での静粛性と安定性は見違えるほどだ。ミッションから発せられる高周波音も抑えられ、成熟したGT(グランツーリスモ)の片鱗が垣間見える。

結局のところ、高速から超高速域に命をかけているニュルブルクリンクのレコードブレーカーというGT-Rの“三つ子の魂”は根強く、長距離を優雅に走るGTの本質に到達するまでの道程はまだ遠そうだ。

しかし現時点で日産車における最も哲学と方向性が明確なモデルであることに間違いはない。

パワー、空力、足回り、全てにおいて秀でたNISMO

2014年モデルと同タイミングで登場したGT-R NISMOは、ニュルブルクリンクレコード仕様に限りなく近いというだけあり、“らしさ”を存分に味わえる1台に仕上がっていた。

搭載する600psの専用ユニットは、GT3のレースで実証済みのパーツを投入して組まれたものだ。フルレースモードのセッティングでサーキットを走ったが、600psといっても気難しいことは無い。

それより感心したのが効果絶大な空力パーツだ。3速アクセル全開でのコーナリングでは、異次元のコーナリングフォースを得られ、そこからのフルブレーキングでも空力とサスペンションの恩恵で姿勢は乱れにくく確実なターンインができる。

路面のうねりに対する追従性も良く、高速域での安定性をいかに重要視しているかが良くわかる。車体の動きも分かりやすくステアリングも正確無比。これが量産車だと思うと、このモデルの評価は素晴らしいの一言に尽きる。

リアコンビランプは、点を連ねる従来のデザインから、切れ目のない丸いラインでリングを描くLEDランプに変更されている

リアコンビランプは、点を連ねる従来のデザインから、切れ目のない丸いラインでリングを描くLEDランプに変更されている

2014年2月末に発売予定のGT-R NISMO。エンジンは最高出力600ps、最大トルク652Nmを発生。高いダウンフォースを発揮する専用の空力パーツを纏う

2014年2月末に発売予定のGT-R NISMO。エンジンは最高出力600ps、最大トルク652Nmを発生。高いダウンフォースを発揮する専用の空力パーツを纏う

NISMOにはRECARO製カーボンバックバケットシートや、ステアリング、コンビメーターなどの専用品が奢られオリジナルなコックピットが演出されている

NISMOにはRECARO製カーボンバックバケットシートや、ステアリング、コンビメーターなどの専用品が奢られオリジナルなコックピットが演出されている

SPECIFICATIONS
グレードGT-R ピュアエディションGT-R プレミアムエディションGT-R NISMO
駆動方式4WD
トランスミッションDCT(デュアルクラッチトランスミッション)
全長×全幅×全高(mm)4670×1895×13704680×1895×1370
ホイールベース(mm)2780
車両重量(kg)174017501720
乗車定員(人)4
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3799
最高出力[kW(ps)rpm]404(550)/6400441(600)/-
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]632(64.5)/3200~5800652(66.5)/-
JC08モード燃費(km/L)8.7
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/74
車両本体価格(万円)905.11011.151501.5
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027