新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ アクア G's (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ アクア G's (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/01/24)

トヨタ アクア G's|ニューモデル試乗

意のままに操る楽しさを教えてくれるトヨタのG SPORTS、通称G's。その第6弾として登場したのがアクア G'sだ

車の動きを楽しみながらドライブできるセッティング

スタイリングに準じた高いシャシー性能

トヨタ自動車のスポーツコンバージョン車両、G SPORTS(通称G's)の第6弾として2013年末に「アクアG's」が登場した。コンセプトカーとして発表してからおよそ1年、市販バージョンが販売されるにあたり試乗する機会に恵まれた。

“G's”と聞いてデカールやエアロパーツを纏ったデコラティブなアクアだと思う人もいるだろう。しかし、このアクアG'sはカッコだけではない。スタイリングに準じたシャシー性能を持ち合わせているのだ。

通常のアクアのシャシー性能はハッチバックのエントリーモデルとしては剛性は高く、ノーマルでも十分な性能を示しているので評価も高い。しかし更にG'sとしての楽しむハンドリングを求め、サスペンションのスプリングをハードにし、それに合うショックアブソーバーを組み合わせている。

サスペンションの変更に伴い25ミリ程ローダウンされ重心が低くなっているが、最適化されたセッティングが施され乗り心地に不快感はない。これはハードになったスプリングでもシャシーがしっかりと受け止めているからである。

ロッカーパネルのスポット増しは最も効果的で、直進時でサスペンションがボトム、リバウンドした時でもミシリともしない。コーナリング進入時も前後で姿勢が乱れることなく安心感が増した。ステアリングを最小限に留めコーナーを駆け抜ける時もねじれ剛性が向上した恩恵は大きい。フロント、センター、リアに強化バーを追加して剛性を上げているのだ。

但し、登り坂のコーナーで加速するとフロントのエンジンマウント下部の剛性低下によるバイブレーションが気になる。が、これは全体的に剛性が向上しているために僅かな部分が気になってしまうからだろう。全く問題はない。

質の高い車だけにお値打ち感満載な1台

専用のシートもホールド性が良く、ハードな仕様の為に起こる身体のダンピングを上手く吸収し疲れにくい仕様になっている。

パワフルなモデルというより車の動きを楽しみながらドライブするセッティングで、基本を押さえた仕様がG`sモデルなのである。

デザイン面でも、独特なフロントマスクが作り上げられている。聞くところによるとG'sを 企画している部署は極めて少数のスタッフで話し合いながらデザインや仕様を検討しているのだという。もちろん、レースに携わったスタッフがいるのは言うまでもない。でなければ、ここまで基本を重点的に煮詰めたモデルを作り出すことはできないだろう。

ここまで仕上げて価格がトップグレードのアクアより27万円高い222万円はお値打ちだと思った。とても質が高い車なのだ。


フロントバンパー、リアバンパー、フェンダーガーニッシュなどG's専用の外装パーツを装備。カラーはベースのアクアより4色少ない7色から選択できる

フロントバンパー、リアバンパー、フェンダーガーニッシュなどG's専用の外装パーツを装備。カラーはベースのアクアより4色少ない7色から選択できる

動力には通常のアクアと同じ、モーター+1.5L直4エンジンを搭載。出力の違いはなく、シャシーの違いによりスポーティーな走りを楽しめる1台だ

動力には通常のアクアと同じ、モーター+1.5L直4エンジンを搭載。出力の違いあなく、シャシーの違いによりスポーティーな走りを楽しめる1台だ

G's専用の内装色、ブラックで精悍な印象の車内。フロントシートは専用品となるスポーツタイプを装備。素材は合成皮革+アルカンターラだ

G's専用の内装色、ブラックで精悍な印象の車内。フロントシートは専用品となるスポーツタイプを装備。素材は合成皮革+アルカンターラだ

SPECIFICATIONS
グレードG“G’s”
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4055×1695×1420
ホイールベース(mm)2550
車両重量(kg)1110
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]54(74)/4800+45(61)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]111(11.3)/4500+169(17.2)
JC08モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L)無鉛レギュラー/36
車両本体価格(万円)222
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027