新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X5 (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW X5 (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/01/30)

BMW X5|ニューモデル試乗

絶賛するけど、ここまで完成度が高くなれば、大人のワガママを満たすクルマじゃないよね、もはや。大型SUVに乗ること自体をワガママであると言わない限りは。この手に乗りたいと思っている人、みんなにオススメ。なかでもSUVだって普通に走らせたい、と思う方に

背が高いだけの大型スポーツサルーン風味

キープコンセプトのお手本のようなフルモデルチェンジ

一見、何も変わっていないようにさえ見える新型X5。破天荒を目指すX6の存在があってこそのコンサバ路線、キープコンセプトのお手本のようなフルモデルチェンジである。

とはいえ、旧型オーナーには悔しいほどに、その違いが見えているに違いない。灯火類のデザインやピラー角度の違い、そして洗練度アップのパワートレインに充実の最新装備、といったところが旧型オーナーの悔し涙を誘っているはず。

実際、乗ってみれば、予想どおりの正常進化でありながら、それでも驚かされている自分がいた。

高いクオリティのゆえんは車体設計の妙に

なんという、フラットさ! X5といえば、乗用車ライクなドライブフィールを初めて実現したクロスオーバーSUVだったから、当然といえば当然だけど、もはやほとんどロールのない走りには、ただただ驚かされるばかり。前作でX5Mなんていう怪物に取り組んだ成果のフィードバックがあった、のかもしれない。

こうなると、ただ視線が高く、視界が素晴らしいというだけの、大型スポーツサルーンというべきライドフィールである。おまけに、走っている最中は劇的に静かで、ノリノリなトルクを感じる右足裏以外、ディーゼルターボを運転していることを忘れてしまうほど。

試乗車はMスポーツだったけれど、19インチも見事に履きこなしていた。タイヤ&ホイール~サス&シャシー~パワートレイン&ボディ~人&車体、という順に密着した一体感がある。それはもう、きっちきちのマトリョーシカみたいに。

その巨体と、ダイエットされたとはいえ2tを軽くオーバーする車重を、まるで感じさせない走りの高いクオリティのゆえんは、痛快無比なディーゼルパワーの恩恵もさることながら、BMWの得意とする車体設計の妙にもあるに違いないと、すっかり脱帽しながら考えた。

Mエアロダイナミクス・パッケージや電子制御サスペンションを備えるMスポーツと内外装を飾ったxラインの2パターンの方向性を用意

Mエアロダイナミクス・パッケージや電子制御サスペンションを備えるMスポーツと内外装を飾ったxラインの2パターンの方向性を用意

先代と比べ、Dピラー後方のエアブレードなどにより空力も高められ、CD値はクラストップレベルの0.31を達成している

先代と比べ、Dピラー後方のエアブレードなどにより空力も高められ、CD値はクラストップレベルの0.31を達成している

ディーゼル以外に306ps/400N・mの3Lターボ(35i)、450ps/650Nmの5Lツインターボ(50i)の2種類のガソリンエンジンをラインナップ

ディーゼル以外に306ps/400N・mの3Lターボ(35i)、450ps/650Nmの5Lツインターボ(50i)の2種類のガソリンエンジンをラインナップ

SPECIFICATIONS
グレードxDrive35d M Sport
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1985×1760
ホイールベース(mm)2936
車両重量(kg)2210
乗車定員(人)5
エンジン種類直6DOHCターボ
総排気量(cc)2992
最高出力[ps/rpm]258/4000
最大トルク[N・m/rpm]560/1500-3000
車両本体価格(万円)880
Tester/西川淳 Photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027