新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X5 (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW X5 (西川淳)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/01/30)

BMW X5|ニューモデル試乗

絶賛するけど、ここまで完成度が高くなれば、大人のワガママを満たすクルマじゃないよね、もはや。大型SUVに乗ること自体をワガママであると言わない限りは。この手に乗りたいと思っている人、みんなにオススメ。なかでもSUVだって普通に走らせたい、と思う方に

背が高いだけの大型スポーツサルーン風味

キープコンセプトのお手本のようなフルモデルチェンジ

一見、何も変わっていないようにさえ見える新型X5。破天荒を目指すX6の存在があってこそのコンサバ路線、キープコンセプトのお手本のようなフルモデルチェンジである。

とはいえ、旧型オーナーには悔しいほどに、その違いが見えているに違いない。灯火類のデザインやピラー角度の違い、そして洗練度アップのパワートレインに充実の最新装備、といったところが旧型オーナーの悔し涙を誘っているはず。

実際、乗ってみれば、予想どおりの正常進化でありながら、それでも驚かされている自分がいた。

高いクオリティのゆえんは車体設計の妙に

なんという、フラットさ! X5といえば、乗用車ライクなドライブフィールを初めて実現したクロスオーバーSUVだったから、当然といえば当然だけど、もはやほとんどロールのない走りには、ただただ驚かされるばかり。前作でX5Mなんていう怪物に取り組んだ成果のフィードバックがあった、のかもしれない。

こうなると、ただ視線が高く、視界が素晴らしいというだけの、大型スポーツサルーンというべきライドフィールである。おまけに、走っている最中は劇的に静かで、ノリノリなトルクを感じる右足裏以外、ディーゼルターボを運転していることを忘れてしまうほど。

試乗車はMスポーツだったけれど、19インチも見事に履きこなしていた。タイヤ&ホイール~サス&シャシー~パワートレイン&ボディ~人&車体、という順に密着した一体感がある。それはもう、きっちきちのマトリョーシカみたいに。

その巨体と、ダイエットされたとはいえ2tを軽くオーバーする車重を、まるで感じさせない走りの高いクオリティのゆえんは、痛快無比なディーゼルパワーの恩恵もさることながら、BMWの得意とする車体設計の妙にもあるに違いないと、すっかり脱帽しながら考えた。

Mエアロダイナミクス・パッケージや電子制御サスペンションを備えるMスポーツと内外装を飾ったxラインの2パターンの方向性を用意

Mエアロダイナミクス・パッケージや電子制御サスペンションを備えるMスポーツと内外装を飾ったxラインの2パターンの方向性を用意

先代と比べ、Dピラー後方のエアブレードなどにより空力も高められ、CD値はクラストップレベルの0.31を達成している

先代と比べ、Dピラー後方のエアブレードなどにより空力も高められ、CD値はクラストップレベルの0.31を達成している

ディーゼル以外に306ps/400N・mの3Lターボ(35i)、450ps/650Nmの5Lツインターボ(50i)の2種類のガソリンエンジンをラインナップ

ディーゼル以外に306ps/400N・mの3Lターボ(35i)、450ps/650Nmの5Lツインターボ(50i)の2種類のガソリンエンジンをラインナップ

SPECIFICATIONS
グレードxDrive35d M Sport
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1985×1760
ホイールベース(mm)2936
車両重量(kg)2210
乗車定員(人)5
エンジン種類直6DOHCターボ
総排気量(cc)2992
最高出力[ps/rpm]258/4000
最大トルク[N・m/rpm]560/1500-3000
車両本体価格(万円)880
Tester/西川淳 Photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う(2017/11/11)
トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!(2017/11/10)
マイナーチェンジでターボが追加されたハリアー。スポーティかつ安定感のある走りが実現(2017/11/05)
まるでハイドロのような穏やかな乗り心地のシトロエン C3(2017/11/02)
セダンに匹敵する高い運動性能を持つBMW 5シリーズツーリング(2017/11/01)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027